【特別品Ⅰ-ⅰ】フリーメイソンのシンボリズム(象徴)

フリーメイソンの起源は石工職=建築家です。

建築は、物理額、幾何学、数学、化学、統計学、行動心理学、哲学、宗教・・・と様々な学問を必要とします。そしてそれを物語るように、“象徴(シンボル)”は多種多様存在しています。ここでは、それらをご紹介していきます。

 

<石工としての象徴>

 

 

<ヒラム・アビブ伝説、ソロモン神殿としての象徴>

 

 

<聖書としての象徴>

 

<神秘思想としての象徴>

 

<死を表す象徴>

 

 

<図形・記号を利用した象徴>

 

 

<その他>

 

 

 これらの象徴像=フリーメイソンという訳ではありませんが、ユダヤ教、キリスト教からの思想や、自由、平等、友愛といったスローガンを中心に平和を求める理念を強く感じます。
近代フリーメイソンが設立された18世紀のヨーロッパ社会の中で作られた、これら
一つ一つの象徴像の意味を読み、考えていくと、現代に繋がる、ある意味納得させられる思想だと感じます。

Masonic Freemasonry Emblem Icon Logo. Vector illustration

この有名すぎるフリーメイソンマークのイメージ・・・

(恐らくほとんどの方々が陰謀論として怪しい・・・と思われるのではないのでしょうか?)

一つ一つの象徴の意味を見ていくと、少し変わっていくのではないでしょうか。