ディープステート認知向上!?次なる世界へ・・・#ディープステート #スライブ #マイクロチップ

※新鮮情報!メルマガ登録はこちら

皆さんこんにちは。西村でございます。
本日は、少しちょっと肩の力を抜きながらお話をしていきたいなと思っております。

ディープステイトという言葉、認知度が非常に大きく高まってきた

ディープステイト。私もよく使わせていただいているこの言葉がありますし、このそういった存在があるかと思いますけれども、このディープステイトという言葉、そして、その存在の認知度が非常に大きく高まってきたんじゃないか。市民権を得てきたんじゃないかというようなことを感じることが少しありましたので、そのことについてお話をしていきたいと思います。

なぜ私がそう思ったかというと youtube の番組ですね。

番組の中でディープステートのことについて多く語られている方々がちょこちょこと増えてきたなという風に感じているところがございます。
ちょっと調べてみました。ディープステートのことについて、一番多く見られている番組の一つがこのスライブ(THRIVE)。このスライブですね。このスライブだと思います。

日本語で再生されているのが400万回。英語だと1000万回多分超えていると思いますけれども、日本語でも400万回を超えているということがあります。これ多分半年ぐらい前に350万回ぐらいだったんですね。なので、ちょうどこの半年で50万回ぐらい再生をされているというところがあります。

他にも馬渕睦夫さん。

この馬渕さんは、私も、馬渕さんが書かれた本。こちらをご紹介させていただいたこともあります。馬渕さんでだいたい20万回ぐらい再生されています。あとは国際金融資本家という風によく言っているオリーブの木の黒川さん。

だいたい10から20万回ぐらいずつ再生されているなあと。

そして、ここ最近私もちょっとびっくりしましたけど、幸福実現党の及川さん。その及川さん、本当に有益な情報を発信してくださっているという風に私も思っておりますけれども、その及川さんがディープステートのことについて語るというようなことも先日ありましたね。大体10万回から20万回ぐらいで再生をされていますと。

後、同じく幸福実現党の与国さんですね。

与国さんだいぶいろんなことをえぐってですね、暴露して、そして日銀の前で中央銀行システムについて語るというような、本当に私も結構いろんなことを情報発信させていただいておりますけれども、その私でも本当に頭の下がる思いというような与国さんがいらっしゃいます。

だいたい、スライブの先ほどの400万回というものはありますけれども、半年で50万回ですと。その他の方々が大体10万回から20万回ぐらいの再生をされているということになりますので、おそらく人数、要は、このディープステートというものの存在であったりその仕組みであったりというものをある程度理解をされている方々というのはだいたい10万人くらいじゃないかなという風に予想がたつと思うんですね。この10万人という数字を仮定したとすると、1億2600万人の日本人の人口で割り返すと0.08%。多く見積もったとしても0.1%ということになりますので、1000人に1人ぐらいの認知度であるということが言えるかと思います。

1000人に一人となると、皆さんも何となく想像していただければと思うんですけれども、ディープステートもしくは世界を支配をしている人たちがいるんだというようなことを家族であったり、友人であったりというような方々、もしくは会社の仲間とかですね、そういった方々に言って理解をされている人って、ほとんどいないと思うんですよ。

そういう事を言うと、だいたい頭のおかしい人だという風に言われるって言うのは、よく私も言わせていただいていると思うんですけれども、なので、そういうことを考えると、100人に1人もいないんじゃないかなというのは、そんな感覚だと思うんですね。

なので1000人に一人ぐらいなのかなあというのが、だいたいそんな感じじゃないかなという風に思います。

なので、とても市民権を得ている認知度になってきているとこういうことではないのかな、という風に思います。

しかし、数年前から比べればです。

かなり急速にその認知度が高まってきているということが言えるかと思いますし、そして、このコロナのことによって、明らかにおかしいよね。この状態は。という風に気づいていった方々も少なからずいらっしゃるんじゃないかなという風に思います。

敬愛をしているユーチューバー

ここに関しては私も実は意図的にこのチャンネルの中で、コロナのことについてですね。意図的に…炎上ではないですけど、意図的にこのコロナことについて言及をするようにしておりました

皆さんがこのコロナについてどう思いますか?というようなことをこのチャンネルをご覧になっていただくことで、ディープステートの存在を知っていただく。要は、世界の支配構造というものを知っていただくきっかけになっていただきたいなというような思いで実は行っておりました。

そういったことをやっているユーチューバーの方々、もしくは、言論をされているような方々って結構いらっしゃると思うんですけれども、私がよく、尊敬と言いますか敬愛をしているユーチューバーの方がおりまして、ユーチューバーというか、アシタノワダイさんです。

漫画のアシタノワダイさんですね。

アシタノワダイさんは、本命ももちろんわかりませんけれども、彼が多分男性だと思うんですね。彼がやりたいことは政治の話なんですよね。そして、この世の中のおかしな仕組みというものを暴露していきたいわけです。そういったことを訴えていきたいわけですね。ただ、それを訴え続けていくと、そこに興味を持っている人達しか入ってこないというような、このSNSの良い所でもあり、悪いところでもある。その思いを持っている人たちだけが集まるような形になってしまうんです。

なので、アシタノワダイさんは、あえて、少しおちゃらけた芸能人の話であったりとか、ちょっと下ネタ系の話であったりとか色んな話題をまさに、明日の話題ですね。明日の話題というようなもので少し話題を広げながら、彼らが訴えたいこと、彼が訴えたいことは、まさにその世の中のおかしな事っていうことを伝えたいというような、そういった手段をとっている、戦術をとっているって事なんですよね。

これは、素晴らしくうまいなという風に私も思っておりまして、だからこそ敬愛をしているということで、私もそういうような形で本当はやっていきたいんですけど、私は、やっぱり一人でやっているという限界もありますので、なかなかそこまでたどり着けていないというところがありますけれども、そういうことで、なんでもいいんです。どんなきっかけでもいいんです。農業のことでも、食べ物のことでも、お金周りの話でも税金の話でも政治の話でも何でもいいです。

DSに支配をされている

何かのきっかけでこの世界の支配構造というものがあるんだ、そしてディープステイトというこの言葉、そして存在というものが少しずつ皆さんの中で認知度が高まっていっていただければ、そこで思考をして、何をするべきなのか自分たちそして自分たちの子供、孫に対してこの日本をどうやって

守っていくのかということを考えるきっかけになっていただきたいなということで、情報発信をさせていただいております。

このDSに支配をされているこの世界ではありますけれども

しかし、本当にですね、よくこんだけのシステムを作り上げたものだなという風に思います。ある意味、本当にある意味、尊敬をするような部分もあります。ただ、彼らの信仰する教えというものは、悪魔崇拝であったり、人類は家畜であるとゴイムであるというような、本当にものすごい思想を持っておりますので、何も対策を取っていないと彼らの単なる家畜になってしまうということがあるかと思います。

そして、この見事なまでの管理体制を引いているというようなことになりますので、今後、今の1/1000の認知度では現在まさに進められているスマートシティに向かっていると思います。マイクロチップを埋め込まれて、コロナ対策でワクチンを強制的に打たれることになっていくと恐らくそうなると思います。

そして、ベーシックインカムという大きな風潮があるかと思いますけれどもそういったことを含めた彼らがコントロールをする通貨というものは、そのマイクロチップでしか支払いができないというようになってくると思います。本当にまるで映画のようなことがもうすぐそこまで来ているというようなことだと思いますけれども、その時、私は絶対にこのスマートシティには入りたくないんですよ。

もちろんマイクロチップも埋めたくはないわけですよ。

その時に、恐らくそうなると彼らの発行する通貨というものが使えなくなる日がもうすぐそこまで来ているんじゃないかなという風に感じているところがございます。

そこで、今考えているのが私が持っているこのアンティークコインです。実は、これはこのグローバルで取引ができる現物資産ですね。別にアンティークコインに限ることではないんですけれども、このグローバルで取引ができる現物資産というものは、彼らの管理する通貨以外の我々の通貨になり得るという風に妄想しております。

数年前に私がこのアンティークコインを知った時には、こういうことを想定したことでアンティークコインを保有をしたいなという風に思ったわけでは全くありません。

ただ、これが、この次の世界に移行していった時になんとなくですけども上手く活用ができるような気がしています。

先日の農業の動画の最後に言及を少しさせていただきましたけれども、近い将来、本当にマトリックスとか、ダイバージェントなどの映画の世界という風になっていったときですね。

皆さんどうされるんでしょうかねっていう意見をお聞きしたいですね。なので、ちょっとコメント欄の方でぜひ皆さんのご意見を伺えればなという風に思ってるんですけども。とはいえですね、本当に多分数年後にそれが来るということが想定をされている中で、その時に考えてその時に行動しても遅いので、ということで、なんとなくちょっと本当に我々もスピードをもって対応していかなきゃいけないんじゃないかなという風に思っておりますので、そういう意味で今実は

農業ということを含めて私自身も速度を上げて対応していくようにしております。

具体的にこの現物資産というものを使って次の世界に向けての準備というものが私が今、考えてること。

これは、このオープンなところでお伝えできるかどうかはちょっとわかりませんけれども、メルマガを含めてですね、情報開示をさせていただきたいなという風には思っております。まだまだ私の妄想段階ということではありますけれども、ただいろんなことを想定をして対策をとっていかなきゃ

いけないという風には思いますので、そういった意味でご興味があればメルマガ登録を含めてですね、ご登録いただければなという風に思います。

今日も最後までご清聴いただきまして誠に有難うございました。
※新鮮情報!メルマガ登録はこちら