【お知らせ】

【最新情報!!】
”幸せのポートフォリオ” メルマガについて→→こちらから登録

トランプ圧勝か!?大手メディア報道に変化が・・・笑

さて、いよいよとなりました。

11/3 アメリカ大統領選挙

You tube等で情報をお取りになられている方々の多くは、“トランプ再選”と予想されていることなのではないかと思います。勿論、それが良い悪いということではなく、それらの「構造」をご理解されているからだという事だと思います。
当You tubeチャンネル&ブログでは、「資産防衛」という事をテーマに、そして日本からこの侵されている世界を変える!という事を念頭に情報発信をさせて頂いております。
よって、その資産防衛という事を考えた時に、

その
・個人の資産を
・誰から
・どのように
守るのか?

という根本的な事を理解していかない限り、議論は本来できないはずです。
しかしながら、世の中のほとんどのアナリストや評論家、ファイナンシャルプランナーなどはそういった事を言及しません。

何故でしょうか?

その構造を理解いただいている方々にとっては、当たり前・・・
そんな本当の事を言ってはダメと言われます(笑)。

そう、我々の資産というものは、金融市場、不動産(E T F金融市場に連動)、現金(為替で大きく連動)様々なものがありますが、これら全て関わるモノは「通貨・貨幣」です。
それでは、その「通貨・貨幣」とは誰がどのようにそのシステムを作り、今どのような仕組みになっているのでしょうか?
またそれらを作った人達は一体、我々人民をどのように考えているのでしょうか?
更に、彼らは我々日本人をどのように考えているのでしょうか?

以前から、本ブログやYou tubeをご覧になられて居る方々にとってみれば簡単な話。
数年前に私も書籍でも記述した“国際金融資本家=ディープステート”が貨幣を支配しています。=世界を支配しています。 これらディープステートの認知度が高まってきている一方で、未だにそれらを陰謀論だと片付けてる人々が多いのも事実・・・。

さて、そろそろ本題に入りたいと思います。

今回のアメリカ大統領選挙
個人的にはトランプが再選するとみています。それも圧勝ではないかと。

不正選挙などなどの問題がある為、実際にどう結果が出るかは不明ですが、トランプの再選は間違いないと思われます。
その理由に、大手メディアの報道です。

ご存知の通りで、日本の大手メディアは、アメリカの大手メディアと同じスタンスです。
というよりは、大東亜戦争での敗戦後、日本は政治、企業体含めてアメリカの属国となったわけですから(陰謀論だと片付けている人々の多くはこれら歴史認識をされていない方が多い気もします)勿論、彼らが作り上げたメディア体は完全なまでに“彼らの伝えたい情報を民衆に伝えるツール”です。

ですから逆を言えば、大手メディアの伝える情報が通り一辺倒のこと(例えばトランプを批判、コロナの恐怖を煽る等々)を伝えた時には、その彼らの意思が働いているとして見て取ることができます。

11/1サンデーモーニングなど視聴率の高い番組を見ていました。
すると、数週間前までは完璧なまでにトランプ批判だったのが、本日はトランプが追い上げている、だけならまだしも、トランプが勝ってしまうのではないか!?というような報道の仕方。また、そう見ると、トランプが再選する事をわかっている・・・しかし、立場上そんなことは言えない・・・なので、トランプが勝つ事を分かっているので、バイデンが完全に優位であるという事を言えない・・・そんな事を言っていたら、後で信用問題にも(番組の視聴率が落ちる)なるために、あたかもトランプが再選する事を分かっていつつも、そう報道しない。
番組的にはトランプ批判をしなければならないけど、あまりそれを強めすぎないように・・・というような印象を強く持ちました。
T V番組は、勿論脚本があります。その脚本は局としての姿勢になり、直接的にはスポンサーの批判はできない。と同時にその局の株主や利権(経団連・財務省など)者からの指示が強いために、このような事が起きる。
そんな事を感じる11/1の各ニュースでした。

さて、11/3 明日どうなるでしょう!?

そして、その後世界はどうなっていくでしょうか?

我々個人資産はどうなっていくでしょうか?

以前より、お伝えしている通り、私の資産保全は
・アンティークコイン(ここ最近は特に高騰しているので銘柄に要注意!)
・ゴールド(私の場合は少量ですが没収がなければ最善の資産の一つだと思います)
・有機農業事業への多角的な支援(土地・株・関係性含め)

世界は、日本は、トランプが再選しようがしまいが、彼らが支配者でいる限り、常に我々人民は家畜であり、船瀬俊介氏に言わせれば、「地球丸ごと人間牧場」です。
その我々家畜の資産は、202●に大変革となる事と思われます。

日本人のほとんどは、資産を未だに「現金」です。
世界でも珍しい現金主義

彼らが最も容易に把握し、管理しやすい国
それが日本と言えるかと思います。
新札の切り替え前後まであと2-3年・・・

準備をしておけば何も心配をしなくても良いのですが、アンティークコインは一部銘柄で高騰が激しいです。
先日のメルマガでも動画にてご案内致しましたが、うまくやらないと特に短中期(~5年)でも大きく損する可能性もありますので、ご注意ください。

銘柄のご相談はいつでも
お電話、銀座店にて承っております。