今日はゆっくりと「キリスト教」と「日本」の歴史を見てみたいと思います

こんにちは、西村です。

ここ最近、アンティークコインは「歴史の参考書」と言い続けていますが、今日はゆっくりとキリスト教の事を見てみたいと思います。
ルネッサンスの芸術として宗教絵画も多数存在していますが、アンティークコインでもキリストに関連するコインが多数あります。
現在20億人の信者がいます。

赤字にした意味・・・これはいわゆる世界の歴史の中で、それだけキリスト教が様々な意味で影響=現在の需要欲求を掻き立てるものになります。

しかしながら、ほぼ無宗教の日本人にとってはなかなか理解しにくいところがあるのも現実かと思います。
そこで、下記のようなセンテンスで「日本人」と「キリスト教」の関係性をピックアップしてコインと歴史と紐づけをした記事を書いてみました。

どうぞお時間のある時に、ゆっくりとご覧頂ければ幸いです。

【特別編】大航海時代、日本の鎖国から見るキリスト教という宗教から考える、知恵と資産の継承
✓ヨーロッパ諸国はキリスト教という宗教を利用して国家支配を繰り返していた
✓豊臣秀吉がバテレン令を出した理由!それは日本人女性の奴隷貿易を止める為だった
✓ダビンチが描いた”モナリザ”は実はキリストの母マリアであった!?
✓20億人が決める価値は!?

☆ピックアップコイン!オーストリア”ウィーン”
こちらはハプスブルグ家からのキリストを記述しています。