先週旅立っていった素晴らしいコイン達・・・資産防衛は万全ですか!?

先週、お客様の元に旅立っていった素晴らしいコイン達です。

1687年イギリス ジェームス2世5ギニー金貨AU50

5ギニー金貨のAUグレードはこの5年間で最も価格安定性がある金貨の一つです。それは、年間平均の世界での出現回数が15回程度!そしてまだ500万円前後(グレードによっては300万円台も)で購入できるものがある為、資産保全として今最もお勧めできるカテゴリーだと捉えています。※詳細データは有料セミナーで開示、お求めいただけます

1709年イギリス アン女王5ギニー金貨AU55

イギリス貨幣の中で、最も有名なコインの一つかもしれません。アンの5ギニー金貨 VIGOが幻の金貨と言われている物があるからですが、こちらは通常タイプ、それもイングランドスコットランドが併合した後の裏面の真ん中がガーター勲章になっているタイプです。ちなみに、併合前の1705、1706年のタイプは真ん中が薔薇で希少性が高い為に、通常タイプの1.5倍程度で取引されます。
しかし、この通常タイプも、他の5ギニーと比較すると人気が高い為、値段も高額となっていきます。AU55、58クラスになると1000万円以上で取引されている事もしばしば。歴史的背景としては、イギリスのアン女王がポルトガルと結んだメシュエン条約によって、ブラジルの金が大量に(世界産出量の3/4が)イギリスに流入していくととなり、産業革命の資本のきっかけとなり、イギリス国家の金本位制となった大きな要因となっています。そうした歴史的背景を含めて、300年前のこの超希少5ギニー金貨の価格安定性があることは世界が認めている証とも言えるでしょう。

1911年イギリスジョージ5世5ポンド金貨PR65CAM 投資用金貨の定番中の定番

過去4年間で年率10%を超す投資用金貨の代名詞的存在。ここ最近は価格がひと段落している事から、流通枚数が極端に減っています。→今後また価格が少しずつ向上していく前兆とみています。しかし!グレードによってです!鑑定枚数が多いものは価格が上がれば流通枚数が増えます。よって下がる可能性もあります。この辺りも有料セミナーで詳細はご確認頂ければ幸いです。

ドイツ 1719年 ハンブルグ 5ダカットサイズ金メダル

やっぱり、1600年代後半から1700年代のドイツ領邦化された自由都市で作られたコインは美しい!

何故だかご存知ですか!?8時間勉強会でお伝えしていますが、既にお申込み締め切っていますので、今後は動画配信(有料)でご視聴頂ければ幸いです。フリーメイソンが何故この時代のこのドイツ辺りから多いのかが分かります^^

 

皆様、さすがにここ最近の各政治、お金の動き、世界の動きに、様々な意味での危機感をお感じになられ資産防衛を実行に移されてきているという事が、肌身で実感します ※お客様からの声で

金融資産、不動産に偏っている日本人の皆様どうぞお気を付けください。

何が危険!?→こちらを含め情報を取って頂ければ幸いです。

また、HP非掲載コインを含め、最新のコイン情報は銀座店で→ご来店は予約はこちら