日本人が狙われている!「預金封鎖」支配者と支配される者の歴史真理から予測せよ

(youtubeはこちら
みなさまこんにちは!国民のためのさん防衛西村でございます
本日は預金封鎖のことについてお話をしていきたいと思っております
今後の予測のような話になっていきますので少し肩の力を抜いて自由にお話をさせていただきたいなと思っております

ここ最近預金封鎖というこの言葉、そして預金封鎖絡みの動画やネットの情報がものすごい拡散されてますね
いろんなことが噂をされているかと思います。結論から申し上げたいと思うんですけれども、この預金封鎖今実際に起きてます!ということをおっしゃられる当社のお客様が結構いらっしゃいます。
私も実際そう思うんですけれども何かというとご存知の方はご存知だと思います

1000万円以上のご資産をお持ちの方々で銀行に1000万を預金に行った際、もしくは銀行から1000万円以上のご資金を引き下ろす場合は引き下ろす場合にいろんなことは聞かれませんか?
ご自分のご資産なんですけど例えば預けるときは1000万円はどこからできたものがですか?と。あんたに聞かれたくないわ!っていう感じがするんですけれども、また銀行から引き下ろすときは、その使用用途は何ですか?と言われませんか。そうなんですよ、自分の引き下ろしたお金の用途という義務はないですよね。って言うんですけど
「あの上から言われていまして、、皆様に使用用途を聞くように言われているんです」というようなことを言われると思うんですよ

でこれ書かないと実は引き下ろしをさせてくれないんですよね。
適当伝えるんですけど、理由をつけて例えば車を買いたいんですとか、ここで言って欲しいのはですね銀行、、ここ最近の金融市場と銀行の破綻とかそういったリスクが怖いので一旦タンス預金にしておきたいんです。っていう風に普通に言えば結構です。

皆さん実はアンティークいい買うんです。結構言ってしまわれる方が多いと思うんですけども、あのタンス預金にしますで結構ですから。

まあそんな感じでこう聞かれると思うんですね。でその聞かれた長所は銀行の人たちはそのままからお役所お仕事ですから、書かれたものをそのまま税務署に出さなきゃいけないんですよ。

これは名目上はマネーロンダリング防止とか振り込め詐欺の防止って言われていますよね。
実は本当にそうですかという話です。表向きと裏向きは全然違いますからね
今現在起きておりますよねということで完全に我々の資産を把握しようと思ってるよね

もう一つは皆さんご存知の通りで現在日本には100兆円分の紙幣硬貨しかございません。日本の金融資産って一千兆円以上あるわけですね

金融資材以外も含めてなので皆さんが一斉に銀行にお金を現金を引き下ろしにいったとすると10分の1も戻ってこないわけです。
取り付け騒ぎという話になっていきますけれども、今実際そうじゃないっていう話です

それをそうさせたくないから日本の1万円札というものはものすごい価値を持っているんですよ!と言わせたいわけです
全世界中の政府とそして政府発行ではないので民間のFRBを含めた中央銀行と銀行が国民に対して信用させるようにそういう情報をまいているわけです
実際には我々のお金というものは単なる電子情報だけで発行されていて紙幣てないんです。
これ預金封鎖っておきますよね。普通の話なんですけど。ここ近年では実際に預金封鎖が行われたこととしてはギリシャですね。

あと日本では1946年の2月17日に一斉に預金封鎖となりました。政府が発表して各民間銀行に対して預金の引き下ろし制限を出し、持っているタンス預金と財産に対しては90%の財産税をかけ、タンス預金が使えなくなるように新札の切り替えを行ったというのがこの2月17日に行われていた1946年のトリプルセットですね。預金封鎖、財産税そして新札の切り替え。
今回の2024年もこのタンス預金のあぶり出しだというふうに巷ではいわれております。わたしもそう思います
こういうことを言うとですね、、、あなたはアンティークコインというものを売りたいんでしょう?と。だからこうそういう危機感を煽ってるんでしょっていう話をされる方もいらっしゃるのです。

実際そういうふうに思っていただいてもけっこうなんですけども、、、あのですね
私自身はこの youtube チャンネルについてはアンティークコインのことはそこまで言及してないと思うんですよ。
というのはアンティークコインってものが少なすぎて!はいっきりですねこのチャンネルをご覧になられている方々が一気にコインを買ってしまわれるような現金からコインに変えるようなことをされてしまうと物なくなっちゃうんですよ。

でなおかつ一気に来ると価格が一気に上がっちゃうんですね。
となるともともと安定的に価格が上がっているもですが上がってしまうと絶対下がるんですよ。

正直、このチャンネルで一番伝えしたい事っていうのは私自身がこのアンティークコインを知ることになったきっかけ!

これがロンドンのユダヤ人たちからいろんなことを教えてもらいました。
実際にもちろんコインのことも教えてもらいましたけれど、資産運用の極意っていうものを教えていただきました。
これが何なのかというと彼らは表の資産と裏の資産っていうものをきちんと使い分けてるんですね。
ユダヤ人っていうのはあの皆様ご存知の通りで今ユダヤ人たちの一部の人たちが覇権を握っているわけですから

これがディープステイというふうに言われている人たちなんで、彼らの話じゃなくて、いわゆる300万人以上いると言われているユダヤ人たち。本当の本当のユダヤ人たちです
この彼らユダヤ人はさまざまな迫害をこの2000年以上の歴史の中で受け続けながら自分たちの家族を守るための資産というものを守り続けてきているわけですよ

守り続けてる人たちが今生きてるわけですね。家系として生き続けているわけです。だからこそお父様おじいさまひいおじいさまというようなこの家系の中でいろんな実体験として知恵を引き継いでるわけですよね
で彼らからするとこの表の資産と裏の資産を使い分けるなんていうか当たり前なんですよ

一番始めにこのロンドンに行った時にユダヤ人たちから言われた表の資産と裏の資産を使い分けなさいよって言われた言葉はものすごくシンプルなんですけど衝撃的なことで今でも深く覚えています

こういう話をすると日本人のおそらく半分以上の方々はまあユダヤ人だからねって。思考停止する人々が結構いるんじゃないかなぁと。
じゃあそれが何故なのかっていう話なんですけどこのチャンネルの中で何度もお話しをしておりますけれども日本人って第二次世界対戦後3S政策そして黒塗り教科書という中で完全に洗脳されているわけですよ。
だからテレビ新聞大手メディアから大手メディアを使われて完全に洗脳されてるわけですよ

だからこそこれだけ弱いもの虐めをされている消費税増税をされているのにも関わらず3割以上の人々がその消費税増税に対しても賛成だって言ってるわけですよ。
こんなことありますか。

でだからこそ、だからこそこのチャンネルを少なからずご覧になられている方々に関しては私が直接聞いてきたユダヤ人の表と裏の資産を使い分けなさいというこの子のユダヤ系の人たちからすると常識というふうに言われているもの
を捉えなきゃいけないと思うんですよね

別に資産を隠しなさいって言ってるわけではないです。
そういう我々日本人が聞くとえっそんな悪いことしていいのっていうふうに思う。
要はすごく純粋で純朴な素直な考えを持っている日本人が大多数だと思うんですよ。
私もロンドンに行った時は何てことを言うんだと思ったこともありました
ただよくよくいろんなことを考えそしてユダヤ系の人たちというのもっていうものはもちろん今までの過去の歴史を実体験も含めて学んでます。

それは何かというとまあここにも本がいろいろありますけども、その中でまぁおすすめ品としたこの本ですね。ユヴァル ノア ハラリさん。
イスラエル人ですけどユダヤ人ですけども彼が書いているような国家の今までの歴史ってどうだったんでしょうかっていうことなんですよ
それを誰も国家に対して政府に対してそして利権を持っている人たちに対して忖度をしているんで真実を書かない。

いいんですけどもまぁ結構真実を書いている本が結構今ここ最近に出てきてますよね。そういうのをきちんと彼らは理解してるんですよね。
で、国家の構造って何ですかっていうと私が何度も言っている通りで国家というものは支配者と支配されるものなんですよ。
その支配者からするとこの支配されるものは奴隷なんですよ。言葉を変えると奴隷からどうやって搾取をするためのシステムを考えるかっていうのがこの支配者の考えることなんですよ

これは今までの過去の過去の歴史すべてそうですよね。今変わってるんですかっていう話なんです。変わってませんよね。
だからこそ歴史、それはテレビ新聞そして黒塗り教科書かされた戦後の教科書ではなくてこういう本当に書かれている書籍であったりとか最近本当にそう言ったインターネットの情報も含めていろんなものが出てます。
そういうものをきちんとまあ捉えた中で、ああそうか!国民というものは我々国民というものは奴隷化されていたんだと家畜だったんだということを認識するのは辛いですけどもそういう認識をしなきゃいけない。
その認識をしているからこそ彼らユダヤ人というものは迫害されてきた歴史の中でも自分たちの家族を守るために表と裏のお金を代々引き継ぎながらきちんとされているって事なんです

これをお伝えしたい

ということで、この預金封鎖の話からものすごい変わりますけど、これをまず皆さんに知っていただきたいなと思っております。

もうちょっとこの預金封鎖の話を少し言及をしておきたいなと思うんですけれども!

まずこの預金封鎖に関しては今後行われるか行われないかはもちろんわかりません。
けれども行われるとしたらどうなる可能性がありますか。という話を少しだけしておきたいと思います

二つあるかなと思っています
彼らからすると1番目緊急事態を作り出す。これが一番やりやすいと思います。
緊急事態というものは例えばハイパーインフレーションが起きるとか、金融が崩壊をするとか、もしくは戦争があるとか。まあこういう緊急事態が起きた場合というものは彼らは緊急事態だから国民の資産を政府に預けてください。もしくは直接的に言わなかったとしても新札として切り替えますよ。と言うことができます。
でこの緊急事態を作り出すするときに金融崩壊なり新札の切り替えをする時に銀行にあるお金というものの量が限られてますから一旦、預金封鎖します。

いうことを言える権限を持っているのが政府であり彼らですよね。緊急事態というものは彼らからすると一番使いやすいことだと思います。

でもう1つは
気づかれないように実行していくってこと。これが今現在もすでに起きてませんか?っていうことが冒頭にお話しをさせて頂いたことです。当社のお客様もよく言っていることで不動産を買えば固定資産税があります。ガソリンを入れればガソリン税がありますそして今後、車を走ると走行税なんていうことが検討されています。

消費税なんていうのは1980年代はなかったものが、消費をするたびに税金が課せられる。3%だったものが5%それが8%そして今現在10%そして13%15%20%まで行こうとしているようなことが議論されているんです。

そこまでされているのに消費税は致し方ないよねっていうふうに言っている人たちが3割以上いる国っておかしいですよ。
おかしいんですよそのおかしい国を作り上げたのが日本の国家なんです。

うまく出来ましたね。っていう話なんですけども3S制作怖し!という話なんですが、この気づかれないように実行していくというものが着実に行われていっている。預金封鎖でももっと怖いことだと思うんですけどね。

この預金封鎖が起きた時に1946年財産税かけられましたね。この財産税ってかけられるんでしょうか?
もちろん分かりませんけれども最悪なケースとして考えるのであれば、まず金融の崩壊は彼らからするとぽちっと穴開ければいいのでいつでも崩壊できますよね。この武器を持っています。
もう一つは通貨切り替えですね。アメリカのドルというものが基軸通貨になっておりますけれどもデジタル通貨かブロックチェーンという技術を持って電子通貨化していこうという風になっていっております

このアメリカのドルの取るというものを崩壊させて新しい通貨をつくっていく。この基軸通貨の切り替えの時はこれ大混乱しますよね大混乱させると思いますもちろん。この大混乱という緊急事態だから、はい!国民の資産を没収していきますよと言う何かをしていくんでしょうね。これが預金封鎖にもつながっていくと思います。
だからこそ我々の国民の資産をあぶり出したいんですよ。そして完全に把握をしたいんですね
完全に把握をしておかないとこれを施行した時に完全にできませんから
彼らがやろうとしていることは世界支配なんですよでこれ世界社会というものは世界をコントロールするということで、このコントロールというものは奴隷という名の国民。この国民の資産を没収することが一つの彼らは目的になっているわけですからその国民の資産を把握する。コントロールをするためには完全に把握しなければいけないわけです。

これが彼らの一つの今行っている準備段階だっていうことなんですね。だからこそ今もっているタンス預金を完全に把握をしたいからこそマイナンバーをつけてそして銀行に行けば支払調書制度のようなものを書かされるわけですね。

2024年に新札に切り替えていきましょうと。完了って感じですよね。

あとは日米FTAのIST条項の中に入っている為替ですかね。為替を固定化させることによって日本ハイパーインフレーションにすることができますんで、これが一つ大きな懸念点かな。

ハイパーインフレは供給側がこれだけ万全な日本の状態でハイパーインフレーションが起きるわけないじゃないかと言われる方がたくさんいらっしゃると思います。私も理論的にはそんなことはないとMMTのところでも申し上げている通りなんですけれど

一つハイパーインフレーションが起きる可能性があります。
これは今のこの日米 fta の中で問題使用されている出資法の問題です。今日本の食料需給率ってカロリー計算だとだいたい30%ぐらいですよね。その日本で作られている米であったり野菜であったり穀物。この食べ物の種は外資に入ってるんですよ
だから外資がこの種子を止めた瞬間に日本は完全に食糧不足になります。
日本の独自の品種の種があるんじゃないかと言われるんですけど日本の独自の種はもうすでに外資に犯さ得ている。農薬肥料に犯されている土地、土では育たなくなくなっています。なので日本の食糧が危ないと言われている。
起きると完全にインフレーションになっていきますね。で固定相場性にされればっていう話になっていきますのでハイパーインフレーションの可能性ももちろんゼロではないという話です

もちろんそんなことになってしまった大変なことになりますけれど、それを引き起こすか引き起こさない彼は彼らの手に握られているということなんですよね。
恐ろしいことです。だから何をしなければいけないのか、とにかく資産分散しかないんですよ
こういう話をしてもですねまずまだまだまだ銀行にだけ預けている方、金融資産が5割以上ある方々、たくさんいらっしゃると思うんですよ。もちろんその資産ポートフォリオ何割にするのかっていうのはご自身で決めていただければいいと思いますけれども。
今これだけくるくるくるくるっていうふうにいろいろ言われている中でおそらくこの100年の歴史で相当危ない時だと思うんですよね。
今日本人が狙われています。第二次世界対戦で負けハイパインフレーションを起こされ、財産税をかけられてそしてなんとか復活してきたそして1985年にプラザ合意となって円の価値を高くされて経済がメタメタになりそうになった中で、それでも踏ん張っていった。
バブル経済を起こされてバブル崩壊で企業が買収されていった。そして気づかないで消費税が始まっていった。

消費税が10%以上になっても気付かない日本国民

終わってますよ

終わってます

なので本当にだからこそきちんと預金封鎖が起きるかどうかは分かりませんけれども、その預金封鎖ということに対して気づいていらっしゃる方であればある程度の資産は、、先ほど言ったとおりです。
表と裏をきちんと使い分けていただいたらいいかがでしょうか。
というお話で締めさせていただきたいと思います。