日経新聞 個人マネー地方から流出(相続で都市部の現役世代へ)

こんにちは、西村です。本日は新聞で気になる記事があったのでご紹介いたします。

2018.7.29の日経新聞の記事で、当日のアクセスランキングでも

3位になっていた記事です。

 

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO33544170Y8A720C1EA1000/

 

確かに・・・地方の資産を持っている方々が、相続した子供たちが住んでいるのは

都心であり・・・という事ですね。納得!と思いつつ、気になったのはその後の記事です。

有料会員しか記事が見れないと思いますので、直打ちいたしますね。

 

―資産形成がカギ―

金融庁がFRBや日本の総務省の調査をもとに分析したところ、退職した世代における日本人の

金融資産は米国人の半分以下だ。日本はバブル経済が崩壊した1990年代から横ばい。

この時代にほぼ同水準だった米国人がほぼ3倍に増えた。米国では確定拠出年金などの活用を

中心に「老後を見据えた資産形成が大きな差につながった」

 

まさにその通り!という記事でしたが、ちなみに私は今現在40歳、1978年生まれなので、

バブルが弾けた1990年頃はちょうど12歳、小学生から中学生時代でした。

就職をした(就職氷河期に突入)のが2000年でしたが、初任給を含めて初めて給料というものを

意識するようになりましたが、その10年日本では給料が上がっておらず、逆にアメリカでは堅調に

上がっていたという事実を思い出しました。

それから18年・・・まだ変わってないのですね・・・というのが実感です。

そして、我々世代はまさにそのデフレ時代を生きてきたので、物価が上がるという感覚を

知りません。

今現在、目標物価上昇率2%と言われていますが、ピンと来ていない人も私の周りで

いるようです。

物価が上がるという事は・・・?給料も上がる?で?という人もいるのが現実です。

今までそんな事を経験していないので分からない。お金のことを学校で教えてくれた

記憶はない・・・

というのが正直な意見なのではないでしょうか。

物価が上がるという事は、現金は価値がどんどん下がっていくという事。

2%という事は・・・単純計算100万円をそのまま放っておくと、10年後、物の価値は

120万円になるという。

最低でも1年で2%以上の資産が勝手に増えていかなければ、一生懸命稼いでも、

資産は減っていくという事になります。その結果がまさに今回の記事に表れている事だと

思います。

それでも、じゃあどうする?といって、突然株を買いだしたり、盛り上がっている!?

仮想通貨を買ってみたり、サラリーマン大家さんに!という事で不動産を買ってみたり・・・

という人が多いのも現実ではないでしょうか!?

 

正しい知識をつけないと、この金融マーケットは完全に弱肉強食の世界

なので、取って食われるだけです(><)

 

昨日、一昨日とユニバーサルコインフェアとして、各種セミナーを開催いたしました。

マネーのプロと言われる内藤忍先生、税理士の作田先生にご登壇いただき、

参加されたお客様と活発な意見交換がなされておりました。

マネーの知識を付けて、資産を確実に増やし、守っていけるよう、欧米に負けず、我々日本人は考え、

実行していかなければならないとつくづく思います。

当社でのセミナーは、アンティークコインのセミナーだけではなく、

アンティークコイン=昔のお金→お金の勉強をできるように、

という想いで各種セミナーを開催しております。

次回は9/1、開催予定です。お申し込みは、こちらから承っております。