仮想通貨(ビットコイン他)の現状と、今後を占う

皆さま、こんにちは!

本日は軒並み下落中の仮想通貨について、お話いたします。

 

仮想通貨元年の2017年を過ぎ、2018年突入!と、

共にまるでジェットコースターのような価格変動が続いている仮想通貨(ビットコイン)。

 

結論から言いますと、当社(西村)は現在の仮想通貨には不支持です。

その理由は、後半で・・・

まずは、本日2018年1月17日朝現在のチャート表がこちら!

 

ちなみに、日本のバブル時代のチャートがこちら。

 

来た来た、この比較チャート。

悪い事にフォーカスを当てる典型的なパターンと思われた方も多いでしょう。笑

 

先日、当社で実施されたフェアにて、内藤忍先生はこう話されています。

仮想通貨とアンティークコインの比較

セミナーの終了後の質疑応答では、

仮想通貨に対するご質問がほとんどで、

先生も「ここアンティークコインのセミナーだよね!?」と

苦笑いをされていらっしゃいました。

 

当社(西村)は、仮想通貨自体のモデルケースは非常に興味深く、

可能性が大きくあるものだと考えています。特にその“希少性”。

供給量が限られるという経済の原理原則である「需要と供給」の供給側が絞られれば、

需要の上下で価格が変動するという非常にシンプルな事。

また、今まで通貨(紙幣)発行権は、中央銀行が握っており(民間企業)、

その権利を奪うかの如く仮想通貨元年を経ています。

代表格のビットコインでは2017年後半には価格が高騰し

ゴールドマンサックス他様々な金融関係者やウォーレンバフェット等の著名な投資家が

その在り方(価格変動と存在)に警笛を鳴らしていました。

そこには、様々な情報合戦の裏側が見え隠れします。

また、仮想通貨はグローバル資産です。

しかし、現在取引をしている国民の50%程は日本人です。

投機好きな日本人と呼ばれています。

ちなみに、現在香港にいる西村の現地情報では、香港ではほとんどやっていないとの事です。

中国では政府が規制し正式には売買が出来ません。

 

余談ですが・・・現在100兆円程度のボリュウムですが、1000兆円程度を越して来たら、

貨幣発行権を握っている株主の国際銀行家たちは何をするのでしょうか!?

黙って見ているわけにはいかないでしょうね・・・想像しただけで怖い(><)

 

また、1920年代の世界大恐慌時代の「靴磨き少年」のお話をご存知でしょうか。

調べていただくとたくさん出てきますが、要するに、

金融社会、株には全く足を踏み入れたことが無い人たちがやり始めた時には、

その市場は非常に危険=崩壊するということです。

これは、少し裏側を考えてみればわかる事。

金融は弱肉強食の市場で、初心者を食い物にする世界です。

事実現在、著名なファンドが仮想通貨で一般市民をまさに食い物にしています。

情報操作をし、買わせて価格を上げ、一気に売って価格を下げる。

そしてまた買って上げて・・・。資本があればいくらでもできる事。

そして、金融社会は、これら一般市民を食い物にしてきたという歴史が繰り返し行われています。

 

では、現在の仮想通貨は、誰がどのように売買をしているでしょうか。

サラリーマン、主婦、学生までもが手を出している日本。

まだまだ1%程度の人しかやっていないとされていますが、

金融社会に1%以上の人達が手を出したら危険水域だと考えるのが当社です。

 

―歴史は繰り返す―

 

アンティークコインが全てではありませんが、コインの歴史を辿ると、その本質が見えてきます。

 

コインの歴史から紐解くお金の本当の価値については

西村著の新書籍でたっぷり語っております。ぜひご一読ください。

書籍のご紹介はコチラから

仮想通貨で得た資産の出口戦略の一つとして、現物資産への変換をお考えの方、
当社ではビットコイン決済が可能です。

詳しくはコチラをご確認ください。

 

▼お問い合わせ▼

Email: info@unvcoin.com

Tel: 0120-773-101 (10:00~18:30)