ユニバーサルコインクイズ 第11問の答えと第12問

皆さま、こんにちは。

先日のブログをご覧いただけましたでしょうか?

第11問の答えです。

Q,「フリーメーソン」日本では誤った情報も多く、よく陰謀論として語られていることもあるが、この秘密結社をイメージしてデザインされたコインが存在する?

 

正解は、○です。

問いにもありますようにフリーメーソンと聞くと、陰謀論を思い起こす方も多いと思いますが、元々、中世ヨーロッパの石工商人の団体であり、近代は1717年イギリスロンドンにロッジができる17~18世紀にかけて、また19~20世紀にかけてアメリカ、日本まで多くに影響を与えた団体組織の一つです。

詳しくは、以下の書籍をご覧ください。

    

↑弊社オンラインショップに遷移します。    ↑Amazonに遷移します。

歴代のイギリス王室、音楽家、芸術家、技術者多数の知識層が入会しており、多くの影響を与えていた組織です。

特に17、18世紀ヨーロッパでは貨幣(コイン)にフリーメーソンの象徴である「真実の目」の原型となるような図案が描かれているものが多く存在しています。現在のアメリカの1$札は有名ですが、前述の通りアメリカの建国にも大きな影響を及ぼしていたと言われています。

また、フランス革命(1789年)時に採択された人権宣言書にも同様の図案が描かれていますが、これら多くの歴史の事実に影響している団体です。

事実、この人権宣言書に書かれている「自由」「平等」「博愛」というスローガンは、まさにフリーメーソンの三原則である「兄弟愛」「救済」「真理」と重なり、それを事実として表すように「真実の目」が描かれています。

コイン=お金の歴史にフリーメーソンの理解は切っても切れないものなのです。

その理由は、ぜひ第二弾書籍をご一読ください。

ちなみに、現在のフリーメーソンは秘密でもなんでもなく、オープン結社として活動しています。またフリーメーソン博物館もロンドンとパリにあるので、興味がある方は訪れてみてはいかがでしょうか、なかなか面白いですよ^^

現在はフリーメーソングッズなるものがネット販売でも購入できますが、本質を追求するのであればやはり本場で見て頂いた方が良いかと思います。

そして、第12問!

Q,フリーメーソンとして有名な音楽家モーツァルト、彼のコインも生前オーストリアから発行されている?

 

クイズの正解は、またブログで発表いたします!