ユニバーサルコインクイズ第14問の答えと第15問

皆さま、こんにちは。

先日のブログをご覧いただけましたでしょうか?

第14問の答えです

Q,オークションで世界最高額となったコインはアメリカの金貨で、2013年にアメリカで落札され約$10 million(約11億円※消費税含まず)である?

正解は、×です。

正解は、アメリカの銀貨になります。

年代は1794年、$10,016,875でStack’s Bowersというロスに拠点を置くオークション会社で落札されています。

この銀貨は、アメリカで初めて発行された1$銀貨です。

アメリカのお金の歴史は建国のストーリーと共にたくさんのドラマがありました。

建国前、イギリス他各国の植民地化で、通貨はイギリス、フランス、スペイン等の様々な硬貨と植民地毎の紙幣が使われており、1776年の独立宣言、1788年に合衆国憲法発効、1789年より初代大統領ジョージワシントンが就任、造幣局設立が1792年に設立されます。それまで様々な硬貨、紙幣が乱立する中で、「国家」「自国」という証が出来た初めての銀貨が本銀貨に値します。

よって、アメリカ国民にとって、確かに他国との歴史は浅いとはいえ、現在の資本主義によって世界を支配するアメリカ国民にとって、植民地化から脱した「自国の証」という象徴のようなものであり、だからこそこの価格が付いたと言えるのではないかと感じます。

ちなみに、世界最高額第二位もアメリカの硬貨で、1933年のセントゴーデンズ20$金貨が7億円強で落札されています。さすが、アメリカの資本力であり、世界最大のコイン市場(150万人いると言われています)だという実績です。一説には、アメリカのこれらコインは法定通貨である為に、相続評価が額面(20$金貨は20$)という話も聞きますが、まさにアンティークコインという資産と知恵を豊かにするこのコイン収集というものが文化となっている事が良く分かります。

そして、第15問!

Q,イギリスの歴史を辿ると約2000年前、広大な領土を支配したローマ帝国が挙げられるが、ローマ帝国は当時イギリスにいたアングル・サクソン人をどうしても破ることが出来ず、ローマ皇帝ハドリアヌス帝の際に最大の領土を誇ったが、イギリスドーバー海峡を隔てた現在のフランスまでしか支配できなかった?

ハドリアヌス胸像(画像をクリックするとウィキペディアに遷移します)

クイズの正解は、またブログで発表いたします!