相続にアンティークコイン 人気ランキング

「相続」と アンティークコイン

相続は、資産家にとっては・・・いえいえ、東京都に一軒家を保有している人々にとっては、その対象となる「相続税」を考慮に入れて考えなければなりません。
アメリカであれば、少なく見積もっても6億円以上の資産を保有している人が対象になる為、10億円くらいまではそこまで対策をとる必要がないとも言われています。

日本は違う

1億円以上の資産があれば、被相続人が突然亡くなった(先日も60歳で私の友人が突然亡くなりました)場合は、奥様、お子様は現金で相続税を支払わなければなりません。たった、1億円程度でも、です。貧困化している日本では、”たった1億円”ではないかもしれませんが、その対象者は数百万人いると言われています。

相続の対策については、別途その戦略を記事にしておりますので、ご参考下さいませ → 

ご覧頂ければ分かると思いますが、負債の増加と、資産の圧縮です。
そして、この資産の圧縮で一番効果のあるものが、不動産を含めた「現物資産」です。

現物資産は、時価での評価が非常に難しいものです。

以前のメルマガでも配信いたしましたが、元国税局財産評価担当者(弊社顧問税理士事務所の税理士)はこう言います。

”「現物資産」にされたら基本お手上げ。金融資産は徹底的に調べますよ、あと不動産やここ最近では仮想通貨ね。皆隠されると思っているけど、電子情報は全て跡が残るから・・・” ※怖い・・・💦

アンティークコインを主に扱う当社では、保険を含めた相続対策を税理士先生と一緒に戦略を練っていきますが、最終的に一番多い相続コインをご紹介いたします。
※相続時のアンティークコインの評価額については、メルマガで定期配信しておりますので、ご興味があればご登録くださいませ(元国税局の税理士先生お墨付きです)

人気No1 コイン(相続)

 イギリス 1887年 ビクトリア即位50周年記念5£金貨

イギリス 1893年 ビクトリア記念5ポンド金貨

✓どちらも1000枚を切る発行枚数で、プルーフ(鏡面)加工で、見た目が美しい

世界的知名度のビクトリア女王の記念金貨 =グローバル需要

✓ウナとライオン金貨は高額過ぎて数枚は持てないけれども、この2枚であれば2人の子供に引き継げる
※価格帯はグレードによって大きく異なりますが数百万円~2千万円相当くらいまで =2000-3000万円程度の評価額圧縮を考えた場合に最適
※相続の資産評価額圧縮を目的とした場合は、アンティークコインならずともNGになりますのでご注意を 目的はあくまでも資産保全を目的とした運用

このコインをお子様に継承していく際に、ご両親から お子様へのメッセージとしては・・・

★【女性向け】
19世紀 大英帝国を築き上げる”グローバル”を意識しながら、若く(18歳で即位)から美しくも強き女王として長きに渡り国家の繁栄を象徴として君臨したビクトリア女王のように・・・

また、コインの裏側を見据えながら、ビクトリア女王のバックにいたロスチャイルド等の金貸し達が”グローバリズム”で帝国主義を突き進めたことで、我が国日本の明治維新(開国)があり、その良し悪しを、コイン=マネーの動きから読み解く”真理”を読み解く力を持って欲しい!

 

人気No2 コイン(相続)

紀元前330年頃 アレキサンダー2スターテル金貨

本金貨は過去のこちらに記事にしておりますので、ご参考下さい


✓たった13年間で広大な領土を支配した戦いのカリスマの金貨

✓2スターテルという激レアというアレキサンダーが触れた!?かもしれないロマン

✓圧倒的な知名度(アレキサンダーを聞いたことが無い人はいないのでは?)=世界需要があるので、価格が安定して向上

✓アリストテレスを家庭教師にした父フィリッポスⅡ世の功績でもあり、教育の大事さを物語る

✓数百万円~過去最高価格は2500万円程度まで ※1スターテルは50万円程度~

このコインをお子様に継承していく際に、ご両親から お子様へのメッセージとしては・・・

★【男性向け】
誰よりも強く!それは肉体的だけではなく、若くしてからの教育を含めた”知恵””思考”という頭、そして精神力を含めての強さを身に付けてほしい!

そして、女性子供には優しく!(女性への礼遇が有名)
将来語り継がれるような功績を残していってほしい!

※私自身が彼を好きすぎて長くなるのでこの辺りにしておきます(笑)

 

人気No3 コイン(相続)

19世紀 オーストリアウィーン サルバトーレムンディ ダカット金メダル

✓音楽の都 ウィーン・・・気品高く、美しいメロディーが奏でるのは人々のいくつもの歴史の層になって重なる想い
1層:音楽の美しき音色
2層:ハプスブルグ家が今も力を保有している街
3層:一家が信仰していたキリスト教の表と裏
4層:ハプスブルグ家のカトリックを利用した支配からの民主化を求めた国民の自由と平等と友愛”(近代)フリーメイソン”の始まり
・・・これらの音色は、近代輩出した音楽家”モーツァルト””シューベルト””ベートーベン”等々のクラシック音楽の悲しさと喜びを増幅させる
→不明点はこちら

✓サルバトーレムンディ(イエス・キリスト)
レオナルドダビンチが描いた、サルバトーレムンディ原画が約500億円で落札された。そして世界で最も信者の多いキリスト教(20億人)という世界需要から支えられた価値の安定感。

✓メダルだけれども数百万円~の希少性と価値 ※メダル(国民主権)とコイン(国家主権)という歴史背景

このコインをお子様に継承していく際に、ご両親から お子様へのメッセージとしては・・・

★【芸術家向け】【有識者向け】【民主的思考】
気品高く、見た目は美しくも、奏でる音は人の内面を映し出す・・・内面の美しさ を持ち合わせる為に努力は惜しまず
歴史真理は、国家の与える教科書、メディアだけではなく、知識層から英知を得る事で、人間の罪深さと共にその儚さや美しさを感じる感受性豊かに なってほしい

 

最後に・・・

おまけで、新自由主義者の小泉進次郎の支持者、現安倍政権、経団連等々の利権をお持ちの方々は以下のコインがお勧めです。(勿論皮肉です)

神聖ローマ帝国 1631年 フェルディナンドⅡ世10ダカット金貨

2016年に144,000EURで落札されている。
※フェルディナンドⅡ世、Ⅲ世の30年戦争で、1600万人の現ドイツ周辺の国民のうち1000万人が異教徒だということだけで殺されている
御存知の通り、ハプスブルグ家はこの次の皇帝フェルディナンドⅢ世でウェストファリア条約(1648年)で権威が失墜し、その後神聖ローマ帝国は崩壊に向かっていく
→詳しくは動画をご覧ください 

 

日本の現政権、腐りきった政治、社会構造が崩れるまであと何年かかるだろうか・・・