【お知らせ】

【最新情報!!】
”幸せのポートフォリオ” メルマガについて→→こちらから登録

西洋医学と東洋医学の融合 あなたの健康は腸ですべてが決まる!?「腸」が脳、体を支配する

※マネーと思考のポートフォリオ会員メルマガ登録はこちら

皆様こんにちは
西村でございます。

突然ですが、皆様「癌」になったらどうされますか?

※1日1000人の日本人が死ぬ癌

そもそも、癌になった事が分かるという事は、病院で診断される事になるわけです。
そして、どこにどの程度の進行レベルか(レベル3、4等)を診断されることになり、
抗がん剤治療や放射線治療を行っていくという事が、一般的かと思います。

本メルマガをご覧になられている方々は、非常にこうした事に角度は高いと思われますので、恐らく癌はこうした西洋医学の病院では“殺される”と認識をされており、温熱療法などの自然療法を実践される人が多いかと思います。

<参考動画>
https://www.youtube.com/watch?v=h2lypOfWr_8 ※宗像久男先生
https://www.youtube.com/watch?v=r1R4YOH_mHc ※内海聡先生
https://www.youtube.com/watch?v=481-z1cuGSk ※船瀬俊介氏

実際に病院ではなく、こうした自主で免疫力を高めることで、癌を克服した方が世界中に多数いらっしゃる一方で、その事実はTV、新聞などの大手メディアでは一切報じられる事はありません。逆にその恐怖を煽り、癌保険のCMは多数流れている事と思います。※コロナと全く構図は同じ

 

話は戻しますが、この癌を含めて、病気というものを治癒する為に根本的な「思考」が

タイトルにした西洋医学と東洋医学の思考の違いであり、その融合という事で、本日はこの事について「思考」のご紹介と共に、実際にこの考え方で運営されているクリニックとその先生のセミナーが近々で開催されますので、ご紹介したいと思います。

※ただし、これらは保険適用外となる為に、そのほとんどはコストが大きくかかることを予めご了承ください

まず、病気を治すという事を考えた時に、最も重要な事

  • その病気を治す処置を施す
  • 治す原因となる根本を考えて対処する

 

  • が通常我々が通う病院であり、それは西洋医学に基づくもので、いわゆる対処療法と言われるものかと思います。
  • は勿論西洋医学でもその考え方はありますが、東洋医学の考え方が強く、予防医療であり、免疫療法と言われるものが多いかと思います。

 

西洋医学が悪い、東洋医学が良い

また逆もしかりですが、0:100で言うつもりは毛頭ございません。どちらも良い面も悪い面もあるかと思います。

しかし、先進諸国のほとんどが、日本のほとんどは西洋医学に基づく医療です。

また逆に西洋医学に否定的な方々が進める東洋医学は免疫力を高めようや、波動医療といったものがあるかと思います。

しかし、この西洋医学と東洋医学の良い部分だけを引き出して治療を行っているクリニックはなかなか無いのが現状かと思います。

というよりも、その重要性に気づいていない国民が大多数であるという事でもあるかと思います。=需要が無いから供給が無い

 

■西洋医学

・血液採取、MRI等々での検査で体の異常な部分を調べる
・異常を見つけて、それを取り除いたり(手術等)痛みなどの症状を抑えようと薬を投与する
・様々な薬を投与し続けるが多くの薬に副作用がある。
・熱が出た際は、解熱剤
・完治すれば終了
・インフルエンザワクチンなど、ワクチンで予防をすると言われ投与する
・食事、運動のケアを科学的見地から指導、指南

■東洋医学

・病気にかからないように日頃食事や運動を東洋医学的に(温冷他)習慣化
・免疫力という概念を強く意識
・免疫力に最も効果の高い腸内細菌を意識
・熱が出た際は、基本放置(熱=体がウィルスや病気を攻撃している)

■融合

・西洋医学の科学的分析力を活用しながらも、概念としては東洋医学の免疫療法
・対処療法ではなく、あくまでも病気にならない体作りを意識

この西洋と東洋医学の融合をまさに実践されている病院で「高輪和合クリニック」というところに行って参りました。

私自身は以前から、こちらで腸内環境の検査や私にあった腸内細菌を直接腸に入れることで劇的に体が変わるという事を経験しているのですが、改めて総合的にこの和合クリニックのコンセプトややられている事を私の体を使って実験して参りました。

まだ始めたばかりですが、前述の通り最も重要なことは

★腸内細菌を自分自身に合ったものを見つけ、それを注入する
腸内細菌は3万種類、100-1000兆個あると言われ、それらは様々な免疫機能を持っています。また、その細菌は人間の体の中で半分以上がこの腸にいます。

この腸内細菌には、よく善玉菌、悪玉菌と言われるものがあり、農薬や化学物質を食事などで体内に入れることで、善玉菌が死んでいくと言われています。

しかし、この善玉菌、悪玉菌は人それぞれ種類も量も異なります。また、その為、体の痩せやすい、太りやすい、アレルギーが出やすい、出にくいなどの個人差があります。

まずは、その腸内細菌の種類を判別する分析を、西洋医学と東洋医学をミックスさせて検査をしていきます。

そして、ご自身に合った腸内細菌を錠剤を飲んだり、一番即効性の効果があるのはお尻から腸に直接その腸内細菌を注入します。

※ちなみに痛みはほとんどありません

これによって、花粉症が治った友人や、見る見るうちにポッコリお腹が無くなっていった友人や、逆にそこまで変わらなかった人もいます。しかし体の調子がおかしい人の多くは何かしら改善されたという方がほとんどだと言います。

これは理論を理解されているとご納得いただけると思います。

以前、有機農業の解説で、農薬まみれになった土には虫や微生物がいなくなっていた。農薬や化学肥料散布を無くしたら徐々に虫が生息しだし、微生物が戻り、野菜などが徐々になるようになっていった、とお話ししました。

人間の体も、土も一緒です。

 

「微生物」

これが生き物にとって最も重要な要素なのだと、自然界を見ていると知り得ると思います。
だからこそ、人間の体の中にある微生物の多くが住んでいる「腸」
これをどのように良い状態に持っていく事が重要か!?

それは、「農薬まみれの固い土」を「自然本来の虫や微生物が住んでいるふかふかの土」に戻すような事だと思います。

 

★体を見ていくと歯、口腔内にサインが表れる!

この高輪クリニックの陰山院長は、元々内科でしたが、その分析をしていくうちに、原因やその兆候が口腔内=口の中や、歯に表れることに気づきます。

よって、品川のクリニックに行き、検査が始まると歯医者さんの椅子が用意されて、口を大きく開いてくださ~いと始まります。

歯と臓器に関連性があるという事

また、

とにかく銀歯が良くない

 

電気の流れが変わってしまうので、銀歯があると口腔内の唾液の量が少なくなったり、成分が変わったりするそうで、私自身は銀歯が4本あったので、唾液の量が一般よりも少なかったです。今後セラミックか金に替えようと考え中です。

 

また、噛み合わせ!

それによって、体のバランスが崩れたり、免疫力の低下に繋がります。

歯の事については、陰山先生以外にも、私のお客様でもこのかみ合わせについて見識のあるドクターが東京にいらっしゃいますので、いつもお話を伺っております。

 

ということで、この和合クリニックで”今だからこそ”、という診療が

新型コロナウィルスのPCR検査と抗体検査

 

  • PCR検査 → 唾液だけで計測、初期段階の感染の確認
  • IgM抗体検査 → 中期段階の感染の確認
  • IgG抗体検査 → 後期段階の感染の確認

この3つの検査を行う事で、未だ世界中で未知なるものであり、絶対的な検査や治療が医学的に確立されていない中で、有効な手段であると思います。

ちなみに感度が90%、特異度95%ですから相当精度は高いと思います。

ちなみに、私は1,2,3共に陰性

2月以降、ほとんどマスクをしていない私で、全国各地、都内の電車、様々な方々とお会いして活動していましたが、

それでも感染しないコロナ

 

ちなみに、私の友人でこのクリニックを紹介してくれた方も同じようにマスクをしていないのですが、その方もすべて陰性でした。

すっと、早くかかって抗体を付けたいと思っていたのですが、少し残念でした。そして・・・

 

本当にコロナはあるのか?

とまで疑いたくなってしまいます・・・笑

 

という事を言うと、また陰謀論と言われそうなので言及は差し控えますが、

とにかく、我々人類が今、このコロナの蔓延によって気づくべきこと

これは、

 

様々なウィルスによって気づいた免疫力の重要性

その免疫力の最も重要な要素である“微生物”という存在を通して、産業革命前の自然本来の姿を見据えながら、新たな時代を元気に生きていきたいものです^^

 

勿論、この陰山先生他多くのドクターは、コロナウィルスはこの日本において(外国の現状はメディア情報しか分からないので)そんな大したものではない

あと、何度も言うようですが、マスクはほとんど意味がないものです。
逆にご自身の免疫力を大きく損なうものです。とおっしゃいます。

 

それでも、メディア・WHOなどはマスク着用を推進し、それを付けなければならないという風潮を作り出しました。そして自粛で普段と異なる生活リズム、これと同時に始まった5G・・・

最後にいつもの妄想を致しますが(笑)、このCOVID-19第一弾は、人類の免疫力を損なう事を目的として、次なるCOVID-20、21で致死率の高いウィルスをバラまいた時に致死率を高める為の手段なのかもしれませんね。

この「高輪和合クリニック」の診察ですが、ご興味があればご紹介させて頂きますので、info@uvac.jp 西村までご連絡いただければ幸いです。ご紹介のお客様だけの割引等出来ると思います。

また、この陰山先生による特別セミナーを2020年9月26日に開催いたします。

ちなみに、これらは全て保険適用外となりますので、費用は結構掛かります。
ご資金に余裕のある方で、本当に必要という方だけご利用いただければと思います。

尚、9/26セミナーは、その後戸越八幡神社での会食も予定しております。

美しすぎる巫女さんの舞を見ながら・・・

→詳しくはinfo@uvac.jp までお問い合わせ下さい