<アンティークコインという歴史の参考書>

“コイン(マネー)という世界文明の血液から世界の大きな流れを読む”

本ページは、世界の歴史を「アンティークコイン」という“歴史の参考書”として物語るものであります。
極力客観的に、分かりやすく語りたいと思いますが、2000年以上の歴史を大抜粋した上で、マネーという軸で歴史を見る為、限界があることを予めご了承いただきたいと思います。

また、私、西村がこれまで学んできた

コインの歴史」

一般的な歴史」

マネーの歴史」という3軸でマネーを語っております。

とは言うものの私、歴史博士でもありませんし… 歴史とは角度を変えると違った形で見えることもご理解いただきつつ、しかし世間にはほとんどこういった情報が出ていないことから、ここに語ることを予めご了承いただければ幸いです。

アンティークコイン=お金(マネー)は約2600年頃前から歴史を歩んでいきますが、コインとは何か?

それは、時の支配者(独裁者)が決めたルール。その流れを追っていくと…お金が人間の血のように流れ、今まで見ていた世界から、その覇権の流れが手に取るように理解できると思います。

現在、世界中の資産家から教養、資産として支持をされているコインではありますが、その大きな流れを見ることで、新たに感じる何かを見出していただけたら幸いです。

 

本ページでは、

古代編

古代ローマ帝国滅亡以降

近代編と大きく3つに区分けしていきます。

また、世界史の中で、まずはヨーロッパを重点としながら取り上げていきます。
日本人の得意な日本史、中国史は様々な書物が出ているのでほとんど出てきません。

古代編

世界最古の金貨=マネーの起源ともいうべき“リディア王国の金貨”から始まり、ギリシャ世界、ペルシャ帝国、
最も影響力のあった一人であるマケドニア王国から始まったアレキサンダー帝国、そしてローマ帝国へ繋がっていきます。

歴史上の人物でも、アレキサンダー、哲学者アリストテレス、カルタゴのハンニバル、カエサル(シーザー)、クレオパトラ、アウグストゥス、元老院、キリスト・・・等、重要な人物が多数登場してきます。

古代ローマ帝国滅亡以降

宗教争いを含めた戦争の歴史。目まぐるしく変わる世界の覇権地図。中でもイスラム帝国、十字軍、芸術花開くルネサンス。そしてハプスブルグ帝国、大航海時代、無敵艦隊スペイン、ジャンヌダルク、マリーアントワネットとルイ16世のフランス王朝、ナポレオンボナパルト、イギリス大英帝国への道・・・そして、そこに流れる金銀の確保。

イングランド中央銀行設立というマネーの流れから、関連する金羊毛騎士団、フリーメーソンやロスチャイルドといった教科書では語られない歴史事実も出てきます。
世界の支配者、知識層が学んできたヨーロッパを軸とした歴史事実。グローバル社会の現在において、日本の知識層が知るべき事実です。
(金羊毛騎士団のコインはこちら

近代編

世界の覇権はイギリスからアメリカへ、お金は金本位制から変動相場制へ
そして仮想通貨・・・大きな変革を遂げるマネー。しかしそのお金の本質とは何だろうか?

アンティークコインを取り巻く環境とこれから通貨発行権の争いとも言える近代、国家の歴史、マネーの歴史、様々なヒエラルキーを考えた時に、現在の個人資産、法人資産をどのように捉えるべきなのか?熟考する際に、参考にして頂ければ幸いです。