コロナ後に国民資産は没収されるか?DS視点で見るMMT #ディープステート #国民資産没収 #財産税

※新鮮情報!メルマガ登録はこちら

みなさまこんにちは西村でございます。

本日はDS視点でみるMMTについて少しお話をしていきたいなと思っております。

なんだか最近、このMMT。モダンマネタリーセオリーの話ですけれども、このMMTが話題になっているような気がします。

このコロナ騒ぎで、世界中の政府が債務を膨張していっているとこういうことが今、見受けられておりますので、そういう中でこのMMTというものが注目をされてきているということだという風に理解をしておりますけれども、改めて持論をお話をしたいなと思っております。

様々な方々がMMTのことについては解説をされております。私も以前、解説をさせていただいていることがありますので、まだご存知のない方はそちらをまずご覧になっていただいた上で、この動画を聞いていただきたいなというところではありますけれども、基本的なスタンスというのは私は変わっておりません。ただ、私のスタンスというのは、他の方々が言っていらっしゃることと違うこととすると、一つ挙げるとするとやっぱりこのディープステートの話ですね。

DSの視点で、このMMTということをどう見ていくかという、この視点の違いというものがありますので、そういう意味で最後まで聴いていただければ幸いでございます。

MMTの本質というものは、お金とは、ものではなく債務と債権の記録情報にしかすぎないというところです。
ですから、政府が国債を発行し、中央銀行や民間銀行でマネーが生み出されていきます。

で、それが膨張していっても、「もの」ではないので量に限界はないわけです。そして、それが自国内で完結をする。要は、自国通貨建てという話ですけど、この自国通貨建てでの国債発行では財政破綻は有り得ません。

財務省がIMFに対して自らが言及している通りです。

で、この財務省が言っているから財政破綻はありえないということ。この財務省が言っている財務省って嘘ついてるからそういうことを信用できませんよね。ということを言われている方々もいらっしゃる様な気がするんですけれども、財務省は確かに国民に対して嘘を言ってますね。

まあ、いろんな意味で嘘を言っていると思うんですけれども、財務省がIMFという国際機関に対してあげているレポートの中に自国通貨建てでの国債発行では、財政破綻は有り得ませんという風に言っていること。

これはさすがに嘘言えないと思うんですよ。なので理論的には財政破綻は有り得ないという話です。

※新鮮情報!メルマガ登録はこちら

マネーに限界はない

では、なぜ財政破綻を心配する人が多いのかということなんですけれども

一つは、財務省プロパガンダ。ですね。

さっき言っちゃいましたけれども、我々国民に対してメディア・テレビ・新聞に言わせて、騙されている国民が多いということがまず一つあると思います。

もう一つは、これ1990年代後半からだったと思いますけれども、財政破綻本というものを書いている人々。浅井さんとか藤巻さんとか沢山いらっしゃると思うんですけれども、そういった本、相当流行ったと思うんですよね。2000年代前半ぐらい。そういった本は。
なので、そういったことを信じていた人が多いということだと思います。

もう一つは、マネーの量には限界があると思い込んでいるということです。これは、私もいろんなユーチューバーのこと、もしくは記事に書かれている方々の意見を見ておりますと、MMTを誤解をされている方々は、ここが一番ポイントが高いかなという風に思っております。

マネーの量には、限界があると思い込んでいるということです。

ここについては、私はアンティークコインというこの「もの」を保有している私からするとですね、そこはすごく理解をするところがあります。ただ、そのマネーという「もの」というものは、中世ヨーロッパのマネーの仕組みなんですね。

今は、前述の通りですけど、単なる記録情報にしかすぎないということなんです。なので限界は無いんです。これ、倫理的に、倫理的におかしいなという風に思う方々は、たくさんいらっしゃると思うんですけれども、しょうがないんです。

それが、今のマネーの仕組みなんです。「もの」ではなく単なる情報にしか過ぎないです。なので限界というものがないです。要は、マネーのプール論と言われているマネーにプールという限界はないという話なんですね。

これを、きちんと理解をされているかどうかで、今のマネーの仕組みという本質を理解できるかできないかということになると思います。

政府を信用してない

もう一つ。政府が信用できない。まあ、これ皆さんそうだと思うんですけども、政府の借金を単なる国債残高なんですけども、その政府の借金と言っている国の借金が大変なことになっているというこの借金をチャラにするために、ハイパーインフレを起こそう。要は、国債の暴落というものを政府が意図しているんじゃないかということを、そういうことを、皆さんお金の仕組みをある程度理解をされている方々は、政府のことを信用してませんから、その政府がそういったことをすることによって、今、我々が持っている資産というものの価値が、例えば銀行に預けているお金であったり、タンス預金であったり、紙幣だったりというそのお金の価値がズトンと下がってしまうんじゃないか、単なる紙切れになってしまうんじゃないかという懸念があるということだと思います。
で、それを政府が意図的にやろうとしているということだと思うんですけども、これに関しては、私も完全に同意です。
さて、ここで本質に切り込みたいと思いますけれども、日本やアメリカのように、自国通貨建てでの国債発行では、財政破綻は理論的には有り得ません。

先ほどから申し上げている通りで、それがMMT理論ですということです。
しかし、この財政破綻というものは、理論で破綻するものではないということです。

誰かの意図で破綻をさせるものだということなのではないかという風に私は思っております。
今現在のお金の仕組みというものは、100年以上前の金本位制ではない、いわゆる信用創造というお金の仕組みです。
そして、この今のお金の仕組みの中で、自国通貨建てで財政破綻した国というものは確かに、なくはないんですけれども、よっぽどおかしな政策をしない限りは、「ない」というのが私の認識です。

「そうではないよ」というご意見があればぜひコメント欄の方でお寄せいただければと思いますけれども、よって、前述の通りです。日本は、今のままでは、財政破綻は、理論的にはありえないです。理論的には。

※新鮮情報!メルマガ登録はこちら

DSは何を考えているのか

なので、このコロナの緊急事態に対して、国民に対して、即刻給付金や支援などのいわゆる真水という風に言われているものを、そして消費税をゼロにするべきでしょと。MMTを理解をされている多くの方々がそういったことを訴えているわけですが、それを財務省官僚たちは、国民の意思を無視し続ける現状があるということは、みなさんもご理解をいただいていることだと思います。

財務省官僚。これは歴史をたどれば、戦後GHQの後のC○Aのエージェントの他何者でもないというのが私の認識なんですが、その認識をみなさんが信じるか信じないかは皆さん次第ですという話になるんですけれども、ただ財務省官僚という人たちが本当に日本の国民のためを思っているという風には全く思えないというのが、日本国民の皆さんの同意なのではないかと思います。

では、今、財務省官僚、そしてDSは何を考えているのかということです。

財務省官僚は、ただの彼らの「使い」なわけですから、DSの言われるとおり、国民という家畜からより多くの税収を吸い取ることという使命を負って、日々、大変な努力をされていることと思います。

どうもご苦労様でございます。

それではDSは。

ここで以前の動画で解説したこととつながっていくわけですが、現在の中央銀行制度という政府の債務と中央銀行によって、国債を引き受けて金利を取るというこのシステムが資本主義経済の鈍化と限界から、システム自体が立ち行かなくなってきてしまっている。要は、政府債務と税収のバランスがいつまでたっても取れなくなってきたという今があるということです。

これは、世界の成長度合いというものが5%とか10%とか伸びていたときには、要は、日本のバブル期以前のような時ですね。そういった時は、民間も黒字、政府も黒字ということが実現していたかもしれませんが、今は全く違う状況です。そして、世界中が違う状況になってきているという。

これは私の持論ですけども、生きていくために必要な生活レベルの向上というものの天井が見えてきただと思っているんですね。
要は、そのためにその成長度合いというものが必然的に鈍化をしてきたこの数十年という時代があったかと思っております。

そして、その鈍化とともに彼らがやっていったこと。

2000年代からは金融市場にだけマネーを注ぎ込むこと、ということを画策をしていきました。
そして、2020年現在。実体経済と大きくかけ離れた金融市場というものが出来上がってしまった。
そして、それも限界に至っているということだと思います。
ということで、金本位制から外れた信用創造。

そして中央銀行制度というこの100年ほどの時代に終止符を打つ時期が来たということだと思います。
事実、もう5.6年前からデジタル通貨の準備は、整いつつあるというレポートがIMFからも出ている通りです。
※新鮮情報!メルマガ登録はこちら

増えすぎた人類の人口削減

その準備は、もういよいよ導入に向かうこととなっていることは周知の事実だと思います。要は、これ私が以前から言っている通りです。リセットがもうすぐそこまできているよということです。そして、彼らDSのもう一つの思いというものがあると思います。

これは、増えすぎた人類の人口削減。これを一緒にやってしまうということです。

ただこの人口削減は、性善説と性悪説があるかなと思っているんですけれども、性善説で行くのであれば、彼らDSは、地球環境を守ろうとしていると。要は、食糧危機ということも含めて、人類がこれだけ増えすぎてしまったがために、地球が悲鳴あげていると。なので人口を削減していかなければいけない。じゃその人口削減って誰を人口削減しますかというと、様々な意味での弱者ですね。情報弱者を含めた弱者というものを削減していこうと。

要は、彼らからすると、この世に必要のない、生産性の低い不要な人間であるという人々を人口削減をしていきたいというような思いがあるんじゃないかなと思っています。

ちょっと性善説ではなくなってしまいましたけれども、まあそういうその地球環境のことを考えているという性善説と、もう一つ性悪説としては、単純に彼らが進行しているタルムードのうちの、いわゆるゴイムと言われている、要は、彼らが言う我々ユダヤ人以外はゴイム=家畜であるというこの発想のもとにその家畜はいつでも死んでくれ。というような性悪説。これはもう悪魔崇拝というような信仰であったりいろんな様々な信仰というものがありますけど、その性悪説。

この性善説、性悪説まあどちらもあるんじゃないかなという風に思っておりますが、その人口削減を一緒にやってしまうということです。

しかし、この大きな大転換というものを実行するのに必要な事というものは、世論の同意を得るということです。
そこで、このウィルスを作りばらまいた。

破綻をするしかもう道は残されていません

経済を強制的にストップさせ、国民に対する助成金などの救済措置で政府債務を膨張させるか、もしくは、国民に死んでもらうかという究極の二択を突きつけられているわけです。

そして、もちろん政府債務を膨張させることになり、そうせざるを得ないということを、今そのような形で進んでいってると思います。そして、緊縮財政派という風に言われている人たちでもまあしょうがないよねというように言及してしまうほどの風潮を作り出すことに成功した「今」があるということだと思います。

もうお分かりいただけたかと思いますけれども、MMTという理論では正しかったとしても、そもそもマネーというものは虚像です。単なる虚像にしかすぎません。

人々の信用・信認からなっているものなわけですから、その信用というものが世界的な風潮で政府債務の膨張は致し方ないよね、ということが作り上げられているということです。

しかし、その行くつく先がなくなった債務を負った政府は、破綻をするしかもう道は残されていません。
政府が破綻するかもしくは、国民がその債務を負うかという選択を突きつけられるということです。

その選択の権利を持っているのはもちろん政府ですね。

今の日本であれば自民党、そして安倍首相であり財務大臣の阿蘇ということになるわけですが、彼らが政府を破綻させると思いますか
という話です。

何度もいう通りですけど、理論的には破綻しないんですよ。理論的に破綻しないんですが、しかし、そういったコロナから始まる自粛であり、給付金であり、リストラであり、経済の大きな大変革といったこの大きな流れと共に生み出される致し方ないよねというような風潮。

そして、その債務は、誰が責任を取るのか。

これは戦争の時代のお金の流れを見ていくと歴史は一つしかありません。
政府の債務というものは、すべて国民が支払ってきています。

その国民に払わせるということを彼らはやりたいのではないかと思います。
もちろんそうならないことを望みますが、そうならないことになる方法が一つあるとすると、これは希望です。

日本国民の大半がこうした流れと動き、そしてマネーの仕組みを理解をして政府に反対意見を上げていく。そして、デモ含めて上げていくということです。

ドイツや様々な海外では今そういったデモが起きてますよね。日本でほとんど起きていない。もしくは、起きていてもそれを報じられていないかもしれません。

テレビ・新聞は、嘘を言い続けます。財務省の力で。それでもその真実を理解して異論を唱え続けるということが、世界の風潮になっていけば、それは達成されるかもしれません。

しかし、そうならなければ、通貨が変わる時、国民が政府の債務を負うこととなるのではないかということが最悪の一つのシナリオだと思います。

これは具体的にいくと、財産税であったり、マイナンバー、マイクロチップ、金の没収。彼らはさまざまな手段を使ってくると思います。そしてそれは突然やってきます。もちろん。

今日、来るかも知れません。明日来るかも知れません。そういうことですよね。そういうときは、もちろん何月何日そういうことをやりますよって絶対言わないわけじゃないですか。突然来るわけですよ。それがいつ来るかわかりませんが、間違いなく2024年までには起きることと思います。

そして、世界の政府債務をチャラにして新たな新世界秩序であり、新デジタル通貨システムを世界中で導入する新たな世界が始まっていくということだと思います。

ここまでお話をしてきましたけれども、よって、未だに日本円は危ないからアメリカドルを買いましょうとかアメリカ国債を買いましょうというようなことを言っている人たちもいると思うんですけれども、こうした流れを理解をしていくとドルこそ最悪だと感じると思うんですよ。

なぜならば、ドルという基軸通貨自体が変わっていく。もしくは、そのドルという通貨の価値を下げることを今やっているということです。
その使命を負っているのがトランプなわけですよ。というのが私の持論です。ここは詳しくは以前の動画をご覧いただければなという風に思います。

人口削減

そして、もう一つの最悪の一つのシナリオというものは、その人口削減を次なる致死率の高いウイルスなのか。第3次世界対戦なのか。自然災害なのか。人工地震なのか。何なのかなんです。

ただ、それらの計画というものも着々と進んでいることだということは、みなさんもご存じのとおりだと思います。

要は、本当に恐ろしい未来というものが今すぐそこまで迫っているということだと思います。

別に危険を煽りたいわけではないんですけれども、今、本当にそういう状況になってきてますよね、ということを理解している人たちが、今までは陰謀論だという風に言われておりました、都市伝説だという風に言われていたことが、実際にコロナでこういう状況になってますよね、こういうことを世界はやるんだよ、ということを目の当たりにしているということですね。

なので、そこに気づいてきている人たち。要は、彼らは、聖書に書いている通りに世界を進めているということを、理解をして来ている人たちが、少なからず増えてきているということだと思います。

まあここまで話をしてきても、同意をいただける日本人というのは本当に数少ないということも事実だと思います。

このチャンネルをご覧になっていただいている、もしくはこのいった youtube をご覧になっていただいている方は、ここまで聴いて納得という風に思われる方も居ると思います。そして絶望の淵に立たされるという方もいらっしゃると思います。ただ、私が言いたいのは、この絶望の事実というものをきちんと受け入れて、自分たちがここから何をやっていかなきゃいけないのかということを本質的に腹の底に落として、自分で行動する、自分で考えるということだと思っております。

そして、私の今世の使命というものは、こういったことを情報発信をすることで、気付いていただける方を増やしていくことだという風に最近は、そういう風に自己認識もしておりますので、これからも本当に微力ではありますけれども、続けていきたいなという風に思っております。

こういう風にタラタラタラタラお話をさせていただきますけれども、いつも最後まで本当にご視聴いただいてありがとうございます。
※新鮮情報!メルマガ登録はこちら

コインもワインも

朗報ではないんですけれども、最後に皆様に情報共有でございます。

私がいつも言っているアンティークコインとワインなんですけれども、いわゆる資産保全になるこのアンティークコイン・ワインというものですね。要は、これ匿名売買ができるという話なんですけれども、地金はダメですよ。この地金はダメというのは、要は、マイナンバーとの紐づきと共に、財産没収の対象になり得るということだからです。

そして、それを今もう完全に財務相自身、要は、国税局ですよ。税務署が皆さんの金を把握をしてますよという話です。

これは別にマイナンバーを登録をしているとか、してないとかいう話じゃなくて、個人情報皆さん書いてますからね。皆さん、ほとんどの方々が。

その情報は、きちんと彼らは持ってますよという話なんです。私は、それが嫌なんです。だから私は、この会社で地金は取り扱わないんですけれども。

通貨が切り替えとなった時に、本当に財産没収という風な最悪な状況になった場合、うまく切り抜けられた時には、要は、うまく切り抜けてほしいんですよ。こういった小さなコイン。ワインが切り抜けられるかどうかは分かりません。ただうまく切り抜けられれば、ワインは、間違いなくその時に、次の世界になって行った時に、価値を見いだし続けます。コインもそうなんです。

これなぜかという話は、要は、コインもワインも彼らが持っているものだからなんです。

そういったもので、資産保全をこの新しい世界になっていく時に、資産をお持ちになられている方々は、そういったものをうまくご活用いただければよろしいんじゃないかということです。

そしてですね、今すでにコインをお持ちになられている方々、ワインをお持ちになられている方々に朗報ということなんですが、それは何かというと、今後、おそらく間違いなくマイクロチップを埋め込まれてスマートシティ、そして完全に管理体制、こういう世界になってくると思うんですよ。

デジタル通貨でしか決済ができないような形になってくると思うんですね。ベイシックインカムを含めて。

そういった時代がもう数年後に来ると思うんですが、そういった時代になった時に、私は絶対にそのスマートシティの中に入りたくないんですね。

その時にどうするか。

私はこのコインやワインで食料を買おうと思ってるんですよ。皆さんがお持ちになってるコインやワインを我々の会社が買わせていただいて、「野菜を提供する」「食を提供する」「水を提供する」もちろん安心安全のです。

ということをやっていきたいなという風に思っています。

なので、今私がこの有機農業の各全国の農家さんたちの支援をさせていただいているということがこれです。

もう一つ、なぜそれができるのかという話なんですけども、くどいようで大変恐縮なんですけども、コインやワインは世界中で売買ができます。そして彼らが、最も欲するもののうちの一つです。なので、これができるという風に確信を持っているからこそ、私はほとんどの資産をこのコインとワインにしてしまっているということなんです。

逆にですね、仮想通貨を含めて他にそういった資産があるのであれば是非教えていただきたいなという風に思います。

ただ、いろんな資産がありますけれども、最終的には自分で調べて、自分で感じて、自分で持つしかないんです。私も、ダイヤモンドとか、絵画とかいろんなものをやりました。不動産もいろんなものをやりました。

ただやっぱり自分の最後、腹に落ちたのは、このコインとワインなんですね。ワインは、どちらかというと飲み物としてやってますけども。ただ、いざという時に換金性も高いですし、そして価格が上がっていくというこのワインというもの。

そして、コインという小さなもの。

ということで、自分自身も保有をしているということなんですけれども、これが今、皆さんがお持ちになられているコインというものがあったとすると私がやっているこの全国の有機農業支援している理由の一つでもあります。

これ実は結構すごいことだと思っているんですけど、というのは、これ本当にちっちゃな町をつくるということのイメージなんですよね。そのちっちゃな街を作っていく、要は、彼らDSの作る世界システムであり、デジタル通貨でありというその通貨というものを介さずに、自分たちで自給自足ではないんですけど、生きていける街を作っていくというような事を妄想しながらそこに向かって今走っていると。
そういう意味でも、そうならなかったとしてもですね、価値を見いだし続けるコインであり、ワインでありというものと触れ合いながら、世界の大きな大変革を迎えるのにあたって、自分たちのことを自分たちで守っていくして楽しく生きていくとっていうことを

今後に向けて、思考しながら判断しながら行動していきたいなという風に思っております。

今日も長々と最後までお付き合いいただきまして誠に有難うございます。