何故アンティークコインは資産家にとって必要とされているのか!?

ズバリ!

コインの表と裏のように、それを理解し使い分ける為

表と裏とは?

“目に見えている”世界や情報(表) ⇔ “目に見えていない”世界や情報(裏)

です。

この話は、私が初めてロンドンに行ったときに、とあるユダヤ系の資産家から言われたことでした。表と裏をちゃんと使い分けているか?と。いろいろな意味で。

正直、その時は何を意味しているのか分かりませんでした。

まさに表面的な部分しか理解していなかったと思います。

しかし、コインに携わりながら、コイン一つずつの歴史ストーリーや、お客様からの情報や、様々な書籍、ネット情報等々を取るにつれて、過去から現在までの社会(支配)構造の表と裏が手に取るように分かるようになってきました。まさに裏から見た表が見えるようになってきました。

そして気付く真実の怖さ・・・と共に、実際私は180度考え方が変わりました。

どれだけ“いち”日本人として今まで洗脳され、情報操作されてきていたのか?それをひた隠し、情報をゆがめる組織は時に国家であり、時にメディアであり、時に教科書であり・・・。

これらに対して感度の鋭い方は、既によくよくご存知で、きちんと表と裏を使い分けされていますし、特に欧米の資産家はそれが常識です。

島国日本の資産家は・・・?
前述の通り、日本は大東亜戦争後に洗脳教育型に大きく変わってしまったのである意味致し方ないと痛感します。そしてその恐ろしさも感じます。

しかしながら、最近様々な方々とお話をしておりますが、このような情報操作をされている事は気づいていたとしても、誰がどのように何故、そしてその表と裏の意味の理解をしっかりとされている人は非常に少ないと感じています。

一方で、この数年YoutubeやTwitterなどの個人から発信される大手メディア等(洗脳メディア)以外からの真実の情報が発信されるようになり、だんだんと日本人も気づくようになってきたと理解しています。

アンティークコインとは、資産と知恵を継承する欧米の文化としてある意味世界の常識ですが、その真実を12月から8時間勉強会でお話しておりますが、その一部を明日よりこのブログ&収録映像で発信して参りたいと思いますので、ご興味がございましたらご覧頂ければ幸いです。

◆マネーから紐解く世界の支配構造の歴史Part1
我々日本人、人類は今日まで誰によってどのように支配され、搾取されているのか!?

◆マネーから紐解く世界の支配構造の歴史Part2
国家、資本家から騙され歪められ続けてきた国民、人類の歴史、そして今現在も続く・・・!?

◆マネーから紐解く世界の支配構造の歴史Part3
騙されていると気づいていても騙され続ける日本人!?

8時間勉強会では下記のようなことが理解できるようになると思います。
✓今まで起きたバブル(1720年南海バブル、1720年ミシシッピーバブル、1920年世界大恐慌、1922年ドイツハイパーインフレ)、そして大東亜戦争(太平洋戦争)の共通点は○○によって引き起こされたもの
✓我が国日本は1000兆円の借金があるから財政破綻する!という大嘘
✓中央銀行の意味は?株主はいったい誰?そして“彼ら”は何をしてきたのか?
✓“彼ら”が引き起こす次なるシナリオは、従順な日本個人投資家の資産収奪!?
✓本当は強き日本、しかし戦後全てが歪められアメリカ様よりも強くならないように洗脳された!?

はっきり言って・・・この真実を知らずに21世紀を死ねない・・・という真実になります。
Follow the money!2600年間の人類が辿ってきたお金の流れから真実を紐解きます。
これら内容は、まさに「帝王学」とも言える内容になっていきます。それは何故か!?

8時間勉強会お申し込みはこちら
来年度よりお忙しくなかなかご来場頂けない方々向けに有料動画配信も実施する予定です。またご案内させて頂きます。