【お知らせ】

【最新情報!!】
”幸せのポートフォリオ” メルマガについて→→こちらから登録

金もアンティークコインもグレートリセット時に暴落するか!?

2020年1月から夏へ延期された ダボス会議のテーマ「グレートリセット」

それは、どのようなシステムになるのか?
通貨単位はどう変わるのか?
2024年日本のお札が変更となるけれどもどうなるのか?
国民資産はリセット時にどうなるのか?

全世界中の人々の期待と不安は尽きない事と思います。

私は、この100年に一度とも思える時代を目の前で見ることが出来、ある意味ワクワクしている部分もあります。
それは、彼らDSの計画書がどのようになっているのか?
常に予想と検証をし続けているからです。
また、はっきり言って最大の資産はその思考だと考えているからでもありますが、とは言えせっかく溜めてきた資産が突然没収されるという過去、日本人が経験しているような事が起きてしまうとそれは笑い事ではなくなります。

そうした人類の不安がある中で、先日こんなコメントを頂戴しました。
リセットに向けて、ハイパーインフレが起きる可能性がある。
そして、金もアンティークコインも金融市場も不動産もみんな暴落する、と。

さて、どうなるでしょうか?

1つ
全てのモノが暴落するという事はあり得ない事だと思います。
通貨の単位が変わる、『デノミネーション』が行われるなどの懸念をされている方も多いかと思いますが、それは端的に言えば、「物差し」が変わるだけの話です。
例えば、
ミネラルウォーター500mlが100円(税抜き)だとした「Aという物差し」
この通貨という「Aという物差し」の時に、東京で家賃10万円/月の1LDKの部屋があったとします。

それが、202●年に 極端なインフレが起きたとすると・・・
この説を私も先日述べさせていただきましたが、需要と供給バランスがこのコロナによる経済封鎖が続いたり、自然災害や食糧危機などで、全世界中で需要が強制的に抑制され、供給が破壊された後、アフターコロナ、破壊された供給に対して需要が復活することで、
過度なインフレ
が想定されるという事です。

では今回は仮に5倍に物価が上がってしまったと想定します。
ミネラルウォーター500mlが500円(税抜き)となります。。。
今まで1000円で10本買えていたものが、2本しか買えなくなるという事になります。
勿論、貨幣価値が大きく下落をしたという事になります。ですから、それを想定するのであれば、貨幣を何か物に替えておこうとする動きが資産家の鉄板かと思います。

この物差しでは、今まで住んでいた家賃も、5倍になり、50万円になったとします。
実際は、そのように家賃もミネラルウォーターと共に上がるのか?という事ですが、これには所得が上がれば、そうなるという事や、また人が住める場所が少なくなったり・・・例えばフクシマの原発の時のように・・・となれば、そうなると思います。
要はお分かりの通りで、全て
人々の需要と供給でモノ・サービスの値段は決まる

ので、それぞれによって大きく価格は変わる事と思われます。

短期間で5倍になってしまったとき、所得はどうなるか?上がる?
物価のインフレに乗じて上がる事は考えずらい事と思われます。

また、これらは貨幣価値が大きく下落したという事を意味しますので、デノミネーションを実施するのではないか、と言われている事があるかと思います。

新10,000円札=旧50,000円
新5,000円札=旧25,000円
新1,000円札=旧5,000円

という事を実施するという事。

物差しが Bとなりました。

となりますので、全てのモノ・サービスは新たなBという物差しによって価値が決められるという事になるわけです。

ここで懸念点大きく二つ
1、 現金価値はそのインフレと共に大きく毀損する
2、 モノ・サービスによって大きく価値は異なることになる

1、 現金については、その通りで、だからこそ、何か違うモノに替えておくというのが普通の資産運用の基礎的要素になります。
ただし、そういった教育を受けたことのない、日本人のほとんどは、現金を銀行に、そしてタンス預金にしたまま・・・
※勿論、今までの日本はデフレが30年続いていますので、それが一番でした。
しかし、それが一気に変わる可能性があるのではないかという事です。

2、 A→Bという物差しで何が上がり、何が下がるのか

これは、勿論何が起きるか!?で大きく変わる事と思いますので、いつもの妄想をしてみようと思います。

✓経済封鎖によって中小企業の飲食店などが壊滅的被害を被った場合
絶対数が変わる事、特に懸念点は“地元らしさ”や“人間の健康の為”とうたっている要は小規模な飲食店や、スーパーなどなどが、急激な物価上昇によって存続不可能となる事
結果的に、モノの値段を上げながらも存続できる、物流システムを含めた(AMAZONのような)システム化された企業だけが残るようになる。
完全に弱肉強食であり、中小規模経営が徹底的に壊されるという事を意味すると思います。

✓自然(人口)災害によって、食糧危機が起きた場合
間違いなく食糧の価格は上がりますよね。そして救済措置の安定供給として、農薬・除草剤・化学肥料・それに耐えうる遺伝子組み換えの作物を全世界中で支給・生産させる。日本で言えばJA
要は、今やっている有機農業の微生物たっぷりの土がなくなってしまう・・・
逆に存続できるところで出来た食糧の価値は莫大に上がる事でしょう。何故ならば、彼らDSが食するものは勿論有機野菜ですから・・・

✓エネルギーの転換 石油→水?
水が次世代の資源になる、価値は上がると言われ続けています。エネルギー転換までいくかどうかはあったとしても、水の価値は上がる事と思います。だからこそ、世界的に水を公営→民間にし、日本もヴェオリア社によって各地域で民間化されている事はご存じの通りです。要は水の価格は彼らによって握られることになるわけなので、価格が高騰することになるという事です。

✓AI・ロボットによる自動化
人が要らない・・・
特に単純作業や、接客業、税理士等々 差別化や付加価値を生まない仕事はほとんどが無くなる事が容易に想像できますし、まさにその動きに突っ走っている今があるという事。
人が生きていく事が出来なくなるという事。
逆に言えば、付加価値を思考しサービス提供が出来ればその価値は増幅することでしょう。

✓ワクチン接種・電磁波等々による精神障害
今まさに起きようとしている事、というよりは起きている事。
全世界中の人々を対象にしたこのビッグイベントによって、彼らの計画の一つが成就するのか?精神障害が増え続けている中、その改善にはやはり有機野菜や・微生物・脱電磁波です。それらの価値は増幅する?いやそもそも、そうした思考にならないようにするのがこの戦略だと思われるので、どうなるかは分かりません。

✓金融は?金は?アンティークコインは?
やっときました。本日のお題

金融システムは、乱高下させながらも価値はあり続けることになると思われます。
しかしシステムを大きくチェンジする事で、一度リセット(課税というなの収奪)があるかもしれませんね。

今までお話をしてきた妄想がどこまで現実化するかはわかりませんが、既に起きている事が多々あるかと思われます。
そして、その不安が「金」という数千年間人類の中で価値を見出し続け、そして金本位制から外れてたったまだ50年足らず。人間が人間である限り、金の価値があり続けることは間違いないことだと思います。
しかし、その絶対的信頼の金だからこそ、彼らDSは世界中の金を没収させる
それが以前少しだけ触れたストーリーです。
※内容は有料会員様に配信いたしております。

また、その時にアンティークコインは?
この質問非常に多いのですが、自論は全く関係なく価値は見出し続ける、です。
理由は、アンティークコインは「300万人いるコレクターアイテム」だからです。
コインでなくとも、例えばアンリ・ジャイエのビンテージワイン、例えばダビンチの原画、日本に目を向けると、アイドルの限定グッズやチケットなどです。
戦争などの本当の短期的緊急時以外は、これらは人々のただただ“欲しい”という欲求、そしてご自分の趣味である“好き”という感情から生み出されるもので、それが“希少性”という付加価値と共に合間れば、価値を見出し続けている今があると思います。
実際に、希少コインは、16-18世紀ハプスブルグ家→19-20世紀のロスチャイルド家→現在のオークションなど、何度も戦争や殺戮、金融崩壊、通貨リセットを乗り越えてきている今があります。

歴史を見れば一目瞭然ではないでしょうか。

だからこそ、私自身、そして多くの人々がこれらを支持している、今があるのだと思います。

よって、私が今だからこその最大の資産防衛として、
「アンティークコイン」というお金周りの資産と
「有機野菜・農業」という体をつかさどる食の資産を
重点項目として置いている

ということになります。

皆さま、様々なご意見はあるかと思いますが、情報の一つとして、ご自身でご判断いただければ幸いです。

最後までご拝読頂きまして誠にありがとうございます。

引き続き、よろしくお願い致します。