イギリスの国宝 5ギニー金貨 “徹底解説” 第6弾 ~ジョージ1世~

アン女王が崩御した後、彼女に子女がいなかったため、はとこのジョージ1世がイギリス国王として迎えられました。

54歳で即位したジョージ1世はドイツで育ったため、英語がほとんど話せず、またハノーヴァー選帝侯でもあったため、しばしばドイツに帰り政務をほとんど見ていませんでした。(一説にはロンドンに馴染まなかったとも)そのため政党政治が定着し、責任制内閣の原則が確立していきました。

イギリスはこの後ジョージ2世、ジョージ3世、ジョージ4世、ヴィクトリアと大英帝国の繁栄期を迎える事になります。

 

◆1716年

◆1717年

◆1720年

◆1726年

◆最新鑑定表

 

徹底解説

表面:月桂冠を戴くジョージ1世の右向き肖像
GEORGIVS・DG・M・BR・FR・ET・HIB・REX・F・D
(グレート・ブリテン、フランス、アイルランドの国王にして信仰の擁護者、神の庇護を受けしジョージ1世)

裏面:交叉する笏杖と4つの盾の紋章
BRVN ETL・DVX S・R・I・A・TH・ET・EL・1716
(ブラウンシュヴァイク公爵、レーネンブルグ公爵、第一財務卿、神聖ローマ帝国選帝侯)

 

ジョージ2世の5ギニー金貨は1716年MS62(NGC)を海外よりお取り寄せが可能です。
ご興味のある方はお問い合わせ下さいませ。