イギリスの国宝 5ギニー金貨 “徹底解説” 第5弾 ~アン女王~

ウィリアム3世の崩御後(落馬による後遺症)、ウィリアムとメアリーには子供がいなかったため
1702年にメアリーの妹アンが王位継承をしました。

「女王の時代はイギリスは栄える」などといった言葉もありますが、彼女の時代も例外ではなく
スペイン継承戦争でフランスに勝利したり、スコットランドを併合したりと、イギリスが大きく
発展していった時代です。

先日BLOGにてご紹介しましたがアン女王の映画も公開されています。
(公開中なので、ご覧になっていない方は是非!)

◆1703年 VIGO

◆1705年

◆1706年

◆1706年 Split Shields

◆1709年

◆1711年

◆1713年

◆1714/13年

◆最新鑑定表

 

徹底解説

一番レアなのはVIGO、その希少性についてはこちらをご覧下さい。

1706年は2種類あります。
スコットランドを併合する前はイギリスのスリーライオンだけの刻印、
併合した後はスリーライオン+スコットランドの一匹のライオンの刻印も追加されています。

       
  

正式にスコットランド併合が議決されたのは翌年1707年なので、すでに決まっていたのか、
それとも併合する自信があって先にコインを鋳造したのかは不明な所です。

ちなみにサッカーイングランド代表・スコットランド代表のユニフォームにもこのライオンがプリントされています。

アン女王の5ギニー金貨は海外より取り寄せが可能です!

ご興味のある方はお問い合わせ下さいませ。