【お知らせ】

【最新情報!!】
”幸せのポートフォリオ” メルマガについて→→こちらから登録

食糧危機対策が急増!!!

皆さんこんにちは

日本国民の為の資産防衛 西村でございます。

さて、中国で以下様々な要件から食糧危機がこの秋に起きる可能性が高いと騒がれていることは、このチャンネルをご覧になられている角度が高い方々は良くご存じかと思います。

<原因>
・長江流域での大洪水・水害(80年に一度のレベル)
・バッタ被害(インド・アフリカ系ではなく別)
・豚コレラ
・コロナパンデミック

これを受けてだと思われる、習近平が8月末に国民に対して、食糧を無駄にするな~と今までにはない告知をしています。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081500370&g=int

しかし、食糧危機は起きませんとも言っています。

ちなみに、中国の食糧自給率は約80%と言われています。
しかし、大豆はほとんどが輸入に頼っているということで、その大豆が何故か7月頃から急増している・・・という事。

はい、中国を含め、政府が言う事は信じられない、という常識を考えると、これは間違いなく

中国で食糧危機が起きる

と様々な方々が言われている事と思います。
勿論、どうなるか未来に絶対はありません。

しかし、以前から何度かお話ししている通り、聖書の予言では、

  • ウィルス・細菌等の疫病(ルカ21・10他)
  • 飢饉・食糧危機 (マタイ24・7他) 
  • 地震等の自然災害(マタイ24・7他)
  • 世界大戦(黙示録多数)

となっており、様々な宗教家やその分析をされている方々が、その通りになっていると伝えられています。

というよりは、

彼らDSはその聖書の預言の通りに世界を進めている・・・

という方が正確かもしれません。

新型コロナのパンデミックが2020年に起きたことで、そしてその茶番さを見る限り、彼らが起こしたことはほぼ間違いないと思われることから、この後に危惧することは、残りの3つです。

  • 飢饉・食糧危機 (マタイ24・7他) 
  • 地震等の自然災害(マタイ24・7他)
  • 世界大戦(黙示録多数)

ですから、様々な方々が地震などの自然災害や、食糧危機を心配されているという事になる流れがあるかとも思いますが、と同時に世界大戦、中長期的にはここを注視していかなければと思っています。トランプとイスラエルの動きに要注意かと思っていますが、これについてはまた別途記述したいと思います。

さて、食糧危機

中国が本当にこの秋に食糧難となった時に、どうなるか!?

このタイミングで日本では安倍首相の辞任で、親中派が勢ぞろいの自民党。
本当に、日本の米や食料を中国に援助・・・なんてことを言わないでほしい・・・。
勿論、それはただでさえ食糧自給率38%程度の日本ですから・・・。

今、日本では家庭菜園などのキットが売れに売れている

と聞きます。
また地方で庭付き物件を探している人も多いのではないでしょうか。

ただ、現実的に、引っ越しや、自分達が食するものを全て自分達で賄うという事は、今までそれらをほとんどやってきてない人からすると、物理的に、時間的に非常に困難であるという事も事実かと思います。

実際、私もこの春に色々考え、田舎の土地を購入しようとしましたが、畑を管理する人がいないわけで、自分でやるなんてことは不可能です。

また、そうは言っても、こうした目の前に迫る危機に対して、「実際には行動していない」という方がほとんどかと思います。

で、考えました。

 

今年初めから始めている有機農業への支援先の一つで、米、小麦などの備蓄と共に、
我々が区分所有する土地を農家さんに野菜を育てて頂く・・・

という完全に“おんぶにだっこ”なのですが・・・笑

これが一番かと思っています。

「備蓄」+「農家さんに育てて頂く土地」
を確保する

これから実施に向けて急ピッチで進めていきますので、メルマガ等で具体的にご紹介致したいと思います。

と同時に、有料会員の皆様には、全国大きく3か所にある有機農業さんと各地方自治体の協力関係の下に、中長期的に米、野菜のご提供ができるように契約を進めています。

畑、田んぼの土地、そして人材の制限がある為に、MAX100名という人数制限はありますが、ご興味があればこちらからご確認いただければと思います。

基本的に、私が今このように活動させて頂いている目的の一つは、農業支援です。

山田正彦氏 元農水大臣とのインタビューでも言われていた通り、現在我々日本人が食べているもので、これはアメリカ、ヨーロッパ、中国各諸外国と比較して、完全に安全だと言える食べ物ではないという事。具体的には、農薬漬け、遺伝子組み換え作物、ゲノム食品等々、欧米では規制の対象となっているものが、日本ではその表示義務すらないものが多数あり、食の選択がこの日本には無い という事が現状です。

その中で、利益が出ずとも有機農業にこだわって努力をしている農家さんへの支援が目的です。
本日は「食糧危機」に対しての記述をさせて頂きましたが、この

食糧危機になった時に困らないのは、農家さん達です。
困るのは、我々です。

食糧危機が起きないことを望みつつも、逆に食糧危機が起きることで、この我々の食を担っている一次産業というものが、再度見直されるのであれば(勿論それはJA傘下の農薬まみれではないもの)、それも良いのかもしれないと思う自分がいます。

人類は、特に産業革命後、これまで地球に、自然に、大地に多くの害を与えてきました。
このコロナから始まる彼らの計画は、もしかしたら地球の為には必要な時なのかもしれません・・・。

勿論、戦争、人工地震などは除いて・・・。